TENBA  P595

_9891b.jpg







その昔「鉄系」のカメラバックの定番と言えば「銀箱」で、頑丈なアルミ製のそれは踏み台に使えるというメリットもあれど、

いかにもカメラ在中というものものしさは、ちょっとオシャレじゃないなあという感覚もあって。

その点なんとも格好良かったのがTENBAのP595で、報道系カメラマン御用達の超定番。

混乱する取材現場等で金属製バックでは周囲に怪我人も出すだろうから、こんなソフトバックが良かったのかも知れない。

しかし純プロ仕様とも言える構造にはなかなか唸らせるところがあって、生地は防弾チョッキと同じ素材というからどこまでスパルタンなんだ。

ショルダーベルトの造りとかちょっとやそっとでは傷まない拘りがあって、地面を引きずり回すような過酷な現場で愛用されたのも分かる。

問題は価格で確か3~4万円という見事なプロ価格には手が出なかったものの、

かつての憧れのバックが中古屋で5千円位で投げ売られているとなればゲットしない訳にもいくまい。

(昔のTENBA価格だって女性の欲しがるバックの法外な価格に比べれば可愛いものと思うが、

女性サイドから見てこのヨレて埃の溜まったバックに5千円払う男の嗜好も謎だろう。げに男と女の間に流れる河は深い。)


中古市場ではたまに見かけるものの、「現場ユース」の跡も生々しい補修だらけのものはさすがに敬遠するし、比較的程度も良かったので。

(それが格好いいからとぼろぼろの奴も根強い人気があるらしいが。)


初期型は防弾チョッキの生地が服と擦れて穴が開いたという困った事象まで起こしたようだが、

それより後のこれは体側に滑らかなナイロンが貼られてそういうトラブルも無くなったそうだ。



_9892b.jpg




象徴とも言える上ブタの「洗濯バサミ」式の留め金は一見すると使い辛そうだが、咄嗟の開け閉め、特に開けの際のスピードは髄一ではないか。

このあたりがいかにも現場で鍛えられました感があって惚れてしまう部分だし、やっぱり風太郎はジャーナリズムフォトの香りに弱い所がある。

しかしそこはあくまで銀塩時代のバックであって、最近のマッチョな交換レンズ群を納めるには特に深さが足りない点が厳しい。

大量のフィルムを詰めこんだはずの外ポケットは、クッションも無いのでデジタル時代には使い道に窮するところもある。


でもまあこういうモノは気分でもあるから、ヒガハスとかのお気軽日帰り撮影限定で持ち出す事が多い。

三脚の嵐の前で、どうだ分ってるだろーと自慢したい気も無くは無いが、ちっとも関心を持たれないのは悲しい。

時代に置いて行かれつつある名品にはやっぱり銀塩機材が似合うだろーと、やっぱり投げ売りを買い叩いたF2フォトミックと

ケチケチ買い集めたジャンクレベルの古ニッコールと共に記念撮影。



_9887b.jpg





HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/07/25 21:30 ] 写真道具 | TB(0) | CM(10)

ショルダーかザックか

銀塩が長かった方はショルダー系への愛着が深いように見受けます。
一方、私は銀塩をほとんど飛ばしてデジタル時代に復活してきた変態。
どうなるかというと、齢も齢なので、両手が自由なザックにいってしまうのです。

ただ、ヘビーデューティーだけでいいかとなると、日帰りカメラ1台レンズ2本程度なら
ショルダーもいいなと・・・。現実にはカメラ2台レンズ付けっ放しになってます。

そういえば!いよいよ写真展は来月ではないですか。
[ 2016/07/25 22:14 ] [ 編集 ]

嗚呼、テンバ

F2フォトミックが似合ってますねー。
同じような理由から32年前にテンバを買い、最近まで使っていました。
以前、四輪のタイヤハウスにバッグごと巻き込まれるトラブルに遭ったのですが、
生地は貫通寸前、紙一重で持ちこたえ、機材は奇跡的に無事でした。テンバ様様です。
(近年の製品はいろいろ言われますが、過積載に耐えうるリング構造とか堅牢な造りは健在かと)
やっぱりね、そう。洗濯ばさみなんですよ。これ、使いやすいよねー
[ 2016/07/25 22:20 ] [ 編集 ]

風太郎様

レンズ沼にはまっていられましたが・・・
報道系カメラマン御用達カメラバックにはまっているのですね・・・
生地は防弾チョッキと同じ素材ですか・・・・
文面拝読させて頂き驚きの連続でした
その昔「鉄系」のカメラバックの定番と言えば「銀箱」で、頑丈なアルミ製のそれは踏み台に使えるというメリットもあれど・・・
初めて知りました
持ち歩くのはそれは重かったでしょうね
お写真のバッグも登山用みたいです
でも確かに今まで風太郎様は登山者でもありましたよね
撮影のためならある程度の山にも上り俯瞰撮影されていますね
今日は非常に興味あるお話しを聞くことが出来ました
ちなみに私のカメラバッグは可愛い柄で選んでいます
そのこと自体もう駄目ですよね
反省ですね
[ 2016/07/25 23:01 ] [ 編集 ]

バック遍歴


マイオさま

マイオさんの物凄い俯瞰はハードな登攀の賜物でしょうから、安全面からもザックがいいと思います!
かつて風景写真に凝っていた時は足許に加えブローニー一式の大荷物がありましたから、ラムダのデカザックを使っていましたよ。
今思えば体力あったよなーと思いますね。最近の大人しい?撮影行ではもっぱらショルダーです。
バック遍歴も終わりが無い所があります。結局万能なバックというのは存在しないのでしょうね。

写真展準備もいよいよ大詰めです。会場でお待ちしております。
[ 2016/07/25 23:07 ] [ 編集 ]

質実剛健


はちさま

「四輪のタイヤハウスにバッグごと巻き込まれる」という状況は想像するのも恐ろしいですねえ。
機材が無事だったというのは本当に奇跡ですね。
生地もさることながら、堅牢にバックのカタチを維持する工夫が隠されているような気がします。
最近の「メッセンジャーバック」も深さが気に入って愛用していますが、
ショルダーの厚いパットとか妙にユーザーのアメニティにすり寄った部分にアラが出る様な。
ユーザーがバックに合わせろ的な質実剛健なところがテンバらしさなのでしょうか。


[ 2016/07/25 23:21 ] [ 編集 ]

オトコの道具


りらさま

これだけ女性カメラマンが増えたご時世、オトコの嗜好しか意識していないようなバックばかりではいかんでしょうね。
いい写真はある種のノリから生まれるものですから、テンションが上がる「可愛い柄」もよろしいかと。
街撮りなのか、野山なのか、シチュエーションごとに必要な機能は違うと思いますが。
いずれにしても、やっぱりオトコはゴリゴリとスパルタンな佇まいに憧れるのです。
[ 2016/07/25 23:30 ] [ 編集 ]

おややや・・・

風太郎さま

こと写真道に関しては実用主義一点張りかと思いきや、
ギヤオタクであったとは・・・(激爆)
しかも知らぬ間にF2ボディもちゃっかりと・・・。
冗談はさておき、カメラバック、なかなか欲しいサイズズバコンに会えずにいます。
結局ロウプロのお化けサイズは単なるカメラ収納ケースとして
自室に鎮座してますけど・・・。
[ 2016/07/26 18:22 ] [ 編集 ]

ジャンクオタクですな


狂電関人さま

ギヤオタクというよりジャンクオタクですな。
以前は中野に途中下車し放題でしたから、某店には随分貢ぎましたね。
まあ目利きは自称していますので、ええもん安う買うてるつもりですが。
バックは実用一点張りなら大は小を兼ねるに止めを刺すと思いますが、
最近は重さが堪えるようになって来たし、トシと共にバックも変わる?
[ 2016/07/26 21:27 ] [ 編集 ]

P595

こんばんは。

テンバP595、私も憧れました。まぁ、学生の身分で買える値段ではなかったですけどね。
今度お会い出来るときに拝見したいです!
因みに私はドンケF2を持ってますよ。もう雑巾みたいですが(笑)

ちゃっかり写っているF2Aの黒が気になります・・・
[ 2016/07/26 23:21 ] [ 編集 ]

大事にして下さいね


いぬばしりさま

相応にデカいバックで邪魔になりますから狭い会場には持ち込みませんよ。
ドンケも雑巾になるまで使い古していよいよ格好良くなるというものです。
F2Aは・・・随分綺麗なタマが見つかったので衝動買いしました。
心配したシャッター精度もニコンのSSに持ち込んだら問題ないとの事。
「大事にして下さいね」とのお言葉もいただきました。
積年の憧れというか、恨みというか、晴らした気分でございます。
[ 2016/07/26 23:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1157-0149e5e1