あの夏

与論島 海4 AdobeRGB 16bit 原版take1b

     与論島    2006年








今度は ♪ 渚に白いパラソル ♪ てか。

もう10年前の家族旅行になっちまったかと。

子供もこの頃は可愛かったなあとしみじみ。









HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/07/11 20:30 ] 自然風景写真 | TB(0) | CM(6)

はじめまして
時折ブログを拝見しております

写真の知識は皆無ですが
空と海、それぞれの青の違い
波の立っている瞬間
この一枚に大変心惹かれました

写真展を心待ちにしております
[ 2016/07/12 00:51 ] [ 編集 ]

夢の中に


凛佐さま

初めまして。コメント有難うございます。
こういうブログではありますが、ほとんど鉄道を撮らず代わりに自然風景を撮っていた時期がありまして。
奄美諸島の与論島ですが、これで鹿児島県というところが日本の自然の懐の深さのようなものを感じますね。
夢の中に居るような、というのが実感でした。

写真展は8/16からやります。ご来場をお待ちしております。
[ 2016/07/12 21:07 ] [ 編集 ]

風太郎様

波の色調の豊さに驚く程です
そのあまりの美しさに暫し唖然とする程でした
日本の海なのですよね
最初拝見した時 外国かと思いましたが記事を拝読させて頂き与論島・・・日本だったのですね

白いパラソル・松田聖子さんの歌でしたね・・・調べてみました
風太郎様と同じ歳でしたよね
ファンでいられるのですね・・・・
[ 2016/07/13 00:02 ] [ 編集 ]

こんにちは

なんと夏らしい これぞ・・・CMに出てくるような
およそ北海道ではまず見られない(笑)
でも 今回は私は聖子ちゃんよりも「きーみーを見つけたー このー渚にー」のほうが真っ先に脳内に流れてきました
ワイルドワンズと同時に ハンダースのほうも思い出すのは私がテレビっ子の証拠・・・・もしかしたら誰も知らないかもしれず(;^ω^)
「波に向かって叫んでみても もう帰らないあの夏の日」
海にはせつなさも混じるようです
[ 2016/07/13 08:33 ] [ 編集 ]

美しき水の星


りらさま

海の透明度もさることながら、真っ白な遠浅の海底がこの色彩の立役者でもありますね。
地球は美しき水の星なのです。

松田聖子は・・・誰彼問わず応援されるような、まさに国民的アイドルでありました。
AKBなんぞは目じゃない程で。一介の少女が一夜にして、というような不思議な時代です。

そうだ、写真のデータは少なくともUP分についてはFC2のサーバーに残ってるし、何とかダウンロードで回収できるのでは。
当然ご存知でしょうが念のため。
[ 2016/07/13 20:06 ] [ 編集 ]

渋過ぎです。


Jamさま

うむ、Jamさんたら連想が渋過ぎ・・・。
ワイルドワンズは風太郎より年上のおっさんがしみじみカラオケで歌うのを聞いて、へえと思うばかりです。
♪ ちょっと売れてるハンダース ♪ とコントのステージを生で見た記憶がありますが、
この歌のパロディを歌っていたんですね。知りませんでした。

レールの無い場所にも後に行くようになって、北の海、南の海、この国の広さを実感します。
真夏はそれが盛りであるだけに、次にやってくる「終わり」の予感がどこか人の心に切なさももたらすのでしょう。
[ 2016/07/13 20:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1164-904fa951