写真展   「 旅のたまゆら  1981-1988 」      3日目

shashinten_9992b.jpg







家でプリントの一枚一枚を見る分にはこれで良しと思っているのだが、会場にずらりと並べ相互比較が容易になると、

調子が硬い柔らかいの違いが結構露骨に目立って赤面するところもある。

しかし光を自由にコントロール出来るスタジオ撮影ならともかく、フィールドの撮影は晴れの日曇りの日でコントラストが違って当たり前で、

それこそがその時その場の空気感の再現とも思うところ。

全体のトーンを揃えるために無理に最大公約数の解を求めようとするのも、結局中途半端な写真の羅列になる危険さえあると思うので、

これでいいのだと開き直っている。

それよりこれはデジタルプリント時代ゆえの悩みかも知れないが「プリントの色味」にバラツキが出るのも困る。

前にも書いた通り全体に温かみのある「ウォームトーン」で仕上げているつもりなのだが、

妙に青っぽいのがあって土壇場初日の開場前に差し替えたというのもある。

でもこれも案外曲者で実は青っぽいのが正常で、隣が黄色過ぎるのが原因だったりするし、

会場のスポットライトのやや黄色い光の当たり具合でも結構色は変わる。

下手に差し替えなど始めると泥沼に陥る可能性があるのでこれも見ない事にする、という訳でアラはありますが厳しい突っ込みはご勘弁を。

本日は午後から「出勤」ながら、いぬばしりさんやこあらまさん、中学時代の恩師までご来場いただき賑やかに終わる事が出来た。


「裏番組」のオリンピックもいよいよ佳境ですが、テレビに飽きたら写真展なんぞもいかがかと。

明日は終日不在になりますが宜しくお願いいたします。



写真展  「  旅のたまゆら  1981-1988  」    モノクロ 77点 

◯ 開催期間  2016年8月16日(火)~8月29日(月)  (21・22日は休館日)

◯ 開場時間   10時30分~18時30分  (最終日 15時まで)

◯ 場所     新宿ニコンサロン   新宿区西新宿1-6-1  新宿エルタワー28階   (新宿駅西口より徒歩5分)  






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/08/18 20:31 ] 写真展 | TB(0) | CM(8)

あの頃

風太郎さま

初日の会場での立ち話でそうだと思ったこと。
それは「人の温かみ」。今でも地方へ行くと気さくに声をかけられたりしますが、
あの頃はもっと「人なつっこさ」がありましたね。
東北の鈍行列車内で、銀箱かついでると「エヌエツケーか」って声かけられ、
蜜柑食うかだのヤクルト飲まねぇかと矢継ぎ早に方言攻めにあったものでした。
人間味のあった時代でしたね。
[ 2016/08/18 21:14 ] [ 編集 ]

風太郎様


記事拝読させて頂きました
「ウォームトーン」で仕上げているつもりなのだが・・・・
その意味調べてみました
丁寧に一枚一枚愛情込めて仕上げていられることをあらためて実感しました
会場のスポットライトのやや黄色い光の当たり具合でも結構色は変わる・・・
最後の最後まで心を込めたご自分の作品の展示に精魂傾けていられますね
私の敬愛するブロ友さん
誇りに思っています
[ 2016/08/18 21:38 ] [ 編集 ]

人肌の温もり


狂電関人さま

仰る通り昔の旅にあっては地方の人々の温かさに触れることが出来ましたね。
今回の写真展もローカル線の隅に宿った人肌の温もりこそがテーマなのかも知れません。
果たして今はどうかというとそれはよく分かりません。
撮影行自体が普通列車に揺られる事も無くなり、そんな触れ合いとも縁遠くなった事、
なにより我々自身が年を取った事。若さゆえの寛容や励ましはあったのだと思います。
鉄道のカタチは変われどそんな心根は変わっていない事を祈りたいです。
[ 2016/08/18 22:18 ] [ 編集 ]

愛さえあれば


りらさま

ネガに残された情報量は膨大なものがあって、それを限界まで引き出してあげる事が分身たる写真達への愛情でしょう。
ただ愛さえあればというものでも無く、妙な思い込みがかえって事態を混乱させる事も。
そういう複雑なところが写真の深遠なところでもあります。

[ 2016/08/18 22:25 ] [ 編集 ]

ありがとうございました

こんばんは。

今日は長々と居付いてしまい誠に申し訳ございませんでした。
それにしても素晴らしいお写真達、存分に堪能させて頂きました。
あっ「ご意見、ご感想」ですが、「私の眠っていた写真心が疼きました」です(笑)

[ 2016/08/18 22:37 ] [ 編集 ]

インスパイア


いぬばしりさま

ブログもネタ切れが懸念されるなか、既出の写真ばかりで新鮮味は無かったかも知れませんが、
ギャラリーという空間や大きなプリントを味わって頂けたなら幸いです。
私も日頃のギャラリー巡りで様々なインスパイアをいただいていますし、
ジャンルがかけ離れていた方がより有用なヒントを貰ったりするものです。
来訪者はもろに若い撮り鉄さんも目立ちます。
一風変わった鉄道へのアプローチが、何らかの刺激を与えたなら嬉しいのですが。
[ 2016/08/18 23:46 ] [ 編集 ]

新宿のニコンサロンで

先日、新宿のニコンサロンの写真展に伺いましたコストといいます。

廃線の写真では、まだ乗客がいて生活の足となっていた頃の写真が素晴らしかったです。

このブログの記事と、私が写真展に伺った時は展示した写真が変わっているように思いますので、
時間があればまた寄らせていただきますので、よろしくお願い致します。
[ 2016/08/23 08:26 ] [ 編集 ]

一部の配置変更です


コストさま

先日は有難うございました。
ブログの方は新旧取り混ぜて駄作駄文を連ねておりますが、今後ともよろしくお願いいたします。

特に展示写真は変わっていませんが、プリントの具合が気になるものが数枚あり、焼き直しと配置変更をしたものがあります。
気持ちの問題程度の差でありますが、お時間がありましたら改めて。
[ 2016/08/23 09:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1175-3630c4f8