写真展   「 旅のたまゆら  1981-1988 」      通学列車

修正A3 南部縦貫鉄道 坪川駅の小学生2 198年2月 日 16bitAdobeRGB原版 take2b

    展示作品より   南部縦貫鉄道  坪川    1983年







全国何処へ行ってもさすがに小学生は歩いて登校するものと思っていたが、ローカル線を訪ねれば列車通学の小学生を良く見かけた。

この頃から学校の統廃合は進んでいたのだろうか。狭いホームからこぼれ落ちそうなのがちょっと心配な程賑やかな通学風景である。


これが高校生になると特に男は無頼を気取るというか、単なる暴れ者というか。

「通学生に告ぐ。座席シートを破ったり切り裂いたりした場合、刑法、鉄道営業法 その他の罰則により厳重に処分・・・」

といったその頃でも珍しい超高姿勢な掲示や、充満するタバコの煙に業を煮やした挙句、

本邦初と思われる「禁煙列車」も登場して、鉄道会社と通学生の攻防戦は果てしなく続く。

風太郎の写真に女子高生は写っていても男はまず写っていないのは、

頭からつま先までメンチ切られてはとても怖くて撮れなかったのが実情だ。

まあ話せば結構朴訥な兄ちゃん達だったのかも知れないが。

背もたれや肘掛にこっそり書き込まれた「◯◯君大好き」系の落書きをひとつひとつ読むのも、

手持無沙汰が長い鈍行列車の旅の味わいだった。






五能線 五所川原駅ラッシュアワー1 紙スキャン原版take1b

    五能線 五所川原  1983年





写真展  「  旅のたまゆら  1981-1988  」    モノクロ 77点 

◯ 開催期間  2016年8月16日(火)~8月29日(月)  (21・22日は休館日)

◯ 開場時間   10時30分~18時30分  (最終日 15時まで)

◯ 場所     新宿ニコンサロン   新宿区西新宿1-6-1  新宿エルタワー28階   (新宿駅西口より徒歩5分)  



8/25は夕方まで在廊します。




HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/08/24 20:21 ] 写真展 | TB(0) | CM(8)

津鉄通学

風太郎さま

いやいやいやいや、津鉄の通学生の数たるやって今思い出しても、
あの生徒数の多さには驚かされましたねぇ。
それと南部縦貫のジャリン子通学列車もまた然り!
[ 2016/08/24 21:35 ] [ 編集 ]

風太郎様

一枚目のお写真
狭いホームに肩寄せ合って列車を待っています
その間にも話題は果てしなく続いていくかのようですね
手前 三人組の仲良しさん
背中を向けた二人のその手の触れ合い
その二人に向ける笑顔
背中だけ見える二人も同じ笑顔なのだと思えます
微笑ましい光景ですね 心和むことが出来ます

二枚目のお写真
学ラン姿の男子の髪型が群衆の中 一際目を惹きます
かなり髪型が個性的ですね・・・・
[ 2016/08/24 21:36 ] [ 編集 ]

ラッシュアワー


狂電関人さま

あのレールバスがスシ詰めになるのには驚きました。良く走るなあと。
五所川原農業高校にも圧倒されましたが、津軽平野の中心地と言えた五所川原の事、
他にも高校は多数あったのでしょうね。6~7両は連ねた通学列車が到着するは、
そのラッシュアワーぶりには驚きました。
今は2両のキハで足りるのでしょうか。これはそんなに昔なのでしょうか。
[ 2016/08/24 23:03 ] [ 編集 ]

ニワトリのトサカです。


りらさま

線路も駅も消えた今、大人になったこの子達の記憶に通学列車はどんなかたちを結んでいるのでしょうね。
男子の髪形はポマードで固めたニワトリのトサカというか、リーゼントですね。
プレスリーとかに類型を見る事が出来ます。ますます分からないか・・・。
いずれにしても都会ではとうの昔に絶滅したものを見る楽しみがありました。
[ 2016/08/24 23:13 ] [ 編集 ]

風太郎様
大人が自動車通勤にシフトした今、学生達がローカル線の主客でありますが、
その学生達も減っていますから、地方ローカル鉄道の状況は益々厳しく、心配な所です。
20数年前、根室本線で釧路から根室に向かっていた所、如何にも突っ張った地元男子高校生に、
「(卒業後は、)もう、俺はこんな所に居たくない。」と切実な相談を受けた事があります。
突っ張っていても、色々と悩むのは、青春の証だと思いますが、それも、初対面、デッキで・・・
驚いた記憶があります。今思えば、それもローカル線情景のひとコマでした。
[ 2016/08/25 01:19 ] [ 編集 ]

時代の移ろいに


hmdさま

昔鈍行列車に揺られていた時はそんな地元の人々の息遣いが真近に感じられたものですが、
車中心であたふたと回る昨今はなかなかそういった経験が無くなってしまいました。
hmdさんの「今」のレポートはその意味でも貴重ですし新鮮です。
時代の移ろいは人々の生活を変えますが、それぞれの土地でそれぞれの幸せを掴める世の中であって欲しいと切に思いますね。
[ 2016/08/25 09:46 ] [ 編集 ]

剃り込み

こんばんは。

下のお写真、五所川原ですかぁ・・・ 新宿駅かと思いました。
この当時はまだ地方も活気があったのですね。
それにしても男子学生の剃り込み割合、高いですね(笑)
[ 2016/08/25 23:28 ] [ 編集 ]

俯瞰ポイント


いぬばしりさま

駅本屋や津軽鉄道ホームに通じる跨線橋の階段は絶好の「俯瞰ポイント」と踏んでいたものの、
いざ通学生が吐き出されると後ずさりしたくなりましたね。
もちろん通行の邪魔ですからソリコミのメンチも殊更にキツく。

この頃の東北筋ではまだ旧制中学流れの弊衣破帽にゲタ履き、
バンカラといえば聞こえはいいがホームレスまがいの高校生が現存していたと聞きますから、
これでもかなりフツーな方だと思いますよ。
[ 2016/08/25 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1181-2f8dba12