夏の山線

肥薩線 大畑駅名標 1982年8月 Adobe16bit 原版 take1b

   肥薩線 大畑   1982年







「夏の山線」

烈日が貨車を焼く
燃える道床

査定勾配52両
均衡速度25粁

運転室に煮湯が渦巻き
目ん玉から汗が湧く
機関士と俺は茹る芋だ

突如― 機関車の呼吸が乱れる
牽くものと牽かれるものの断絶
機関士は砂を撒き 加減弁を絞る
逆転機を引き上げる

列車の波動は
風に千切れる 木っ葉だ
撒砂が走行抵抗を増やす
急激に 萎える 速度

南無三―
俺は防毒マスクを被ったまんま

全て価値あるもの 思想も 猜疑も 友情さえも
一緒たくれ
1500度の火室へ 打ち込むのだ

にぶる
圧力計 指針

汗汁に漬る
仕業服

前途はまだ遠い―




人吉機関区の機関助士が書いたというこの異様な迫力を持った詩は、

肥薩線矢岳越えの過酷な労働環境を伝えて余りある。


そして10年の時は流れ、それだけは変わらぬ烈日は真夏の白日夢に誘う。







肥薩線 大畑水盆2 1982年8月 Adobe16bit 原版take1b





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

大畑ループ

風太郎さま

行き来するのがキハのみになって、
同じ九州内だからと後回しにし、とうとう足を踏み入れないままです。
大木さんの写真集で紙上旅行は何度もしているのですが・・・(爆)
[ 2016/09/14 21:30 ] [ 編集 ]

峠に生きる


狂電関人さま

大木さんの大畑真幸はまた泣かせますからねえ。
機関士のみならず峠に生きる鉄道員達の息遣いを今に伝えます。
撮影当時は機関車の写真は多々あれど、駅の表情を追ったような写真はお目に掛かった事も無く。

この当時でも駅員は詰めていました。
大木さんの写真を見ていたならまた違った風景に映った事と思います。
[ 2016/09/14 22:11 ] [ 編集 ]

大畑の夏


これが例の詩の全文ですか。どうしても見つけることができず、やっとお目にかかれました。
やはり、人吉の機関車乗りは、あの終戦の夏の日の悲惨な事故の呪縛からは逃れられないようです。

周辺光量を絞った画からは、何とも夏の大畑の眩しいような日差しの強さと暑さが伝わってきます。
どう見ても、ホームの洗顔用の湧水盆が、大畑がオアシスである所以でしょう。
無煙化から10年後の大畑は、何も変わっていないかのように在り続けていますね。

前回の雪の入広瀬といい、今回の夏の大畑といい、何処かに誘われているような気がしてきました。
[ 2016/09/15 00:33 ] [ 編集 ]

風太郎様

記載された詩 何回か拝読させて頂きました
そして二枚目のお写真の意味が理解出来ました
現在も残されているのですね
ホームの水
この水がどれだけ貴重で命さえ繋ぐものだと考えることが出来ました
詩の記載とお写真アップ 有難く思っています
考えること多々ありました
[ 2016/09/15 19:30 ] [ 編集 ]

白日夢


こあらまさま

この詩は古本で入手した鉄道ジャーナルの1972/12号に掲載されていたのを偶然見つけたものです。
その年の春に消えた矢岳越えの煙に対する惜別と共に綴られていました。
当時はいよいよSL終焉期、付された各地の生き残り情報がその時代を感じさせますね。

間に合わなかった世代としては、その残り香を探すような旅になりました。
軽快にDCが駆け抜ける中で往年の峠越えは幻にしか見えませんでしたが、
猛暑に汗を流しながらこの詩の事を思い出しました。
ハイキーなトーンで強烈な陽射しと共に真夏の白日夢を表現したつもりです。
[ 2016/09/15 20:52 ] [ 編集 ]

記念碑


りらさま

山の清水を引いたというこの水盤は、その後駅が無人化され上部を覆っていた屋根が失われても、
こんこんと水を湛えてそのままに在りました。
それは寂しい風景ではありましたが、この土地に流された尊い汗の記憶を忘れまじとする、
記念碑のようにも思えたものです。
[ 2016/09/15 20:58 ] [ 編集 ]

色のない世界に如何に温度を映し出すか…難しいことのように思われます。
写真そのものはもちろん、本文とセットになることで感じられるものもありますね。
私も風太郎さまのそのブログスタイルに憧れて倣っている……つもりなのですが。
[ 2016/09/18 00:51 ] [ 編集 ]

写真と言葉


凛佐さま

写真を言葉でなぞるのは蛇足の極みと思う所もあるのですが、
それまでに積み重なって来たものがレリーズボタンを押させるところもあれば、
写真が伝えきれないフレーム外の風景や音や匂いとかもあり。
写真と言葉、なかなかに微妙な関係でもありますが、そのアヤを楽しんでいるところもあります。

表現は人の数だけあると思われ、凛佐さんのこれからのチャレンジが楽しみです。
[ 2016/09/18 12:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1185-07dbbd46