煙は残る

磐越西線 秋撮影地不明DD51客レ3 1982年9月 X970 AdobeRGB 16bit 原版take1b

   磐越西線  撮影地不詳    1982年






風太郎もたまにはこういう絵を撮った。

いや撮ったというより線路際を朦朧と歩いていたら、たまたま来たから撮らされたというのが正しいか。

だから場所さえ分からない。山都か荻野あたりのSカーブじゃないかと。

写真展会場では罐のナンバーが確認出来なきゃダメだったんだ、という鉄の縛りの話を古老から聞いたが、これは確認できるな。

DD51506番。どの位有難味があるのかもよく分からないが。

汽車は去りゆく、煙は残る。次第に深まってゆく秋の気配と共に在れば良し。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/09/08 20:30 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(4)

風太郎様


定かではない記憶
秋の気配だけは残照している
朦朧として歩いたはず
若さと言う名の地図が頼り
いつも探していた
何かを探していた
どこかで会ったはず
青春時代の宝物
記録は残っている
定かではない記憶
秋の気配だけは残照している
[ 2016/09/08 21:47 ] [ 編集 ]

グダグダ


りらさま

いや何というか。それ程美化して頂かなくとも。
ただ疲れてグダグダ状態なだけですよ。
[ 2016/09/08 22:51 ] [ 編集 ]

磐西誘う

こんばんは。

仰るとおり、風太郎さんの画にしては珍しい作品ですね。
列車が来たから「おっ」ってシャッターを押したの解ります。

機関車のナンバーですかぁ・・・ 私もあまり意識しておりませんでした。
まぁ、「何が主題」かで必要かどうかは変わってくると思うのですがね。
因みに、秋の気配が感じれば良しは私も同感です。そそってますよこのお写真。
[ 2016/09/08 23:08 ] [ 編集 ]

ススキはゆらり


いぬばしりさま

結構な排気煙ですからかなりの上り勾配、エンジンの轟音と重々しいジョイントが響き、ススキはゆらりと揺れる・・・
その場の感じは伝わるかなあと。出会い頭の割には、ですね。
こういう列車を半ば平然と見送っていた時代はついこの間のようですが。
[ 2016/09/08 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1189-5922a5a8