今日が始まる

tadami1201412_018take1b.jpg

  只見線 入広瀬   2014年







上り始発列車は一人の乗客を乗せて。

夜明けを待つことなく、人も鉄道も今日が始まる。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村




社説  おめでとう広島東洋カープ







carp1b.jpg




先日の写真展会場にはドラゴンズの1980年代の帽子を被って来場する「コスプレ系」までいらっしゃって、

趣味に合わせていただけるご配慮には恐縮至極だが、風太郎はここのところ俄かカープファンになっているので。


25年ぶりのリーグ優勝、風太郎からもお祝い申し上げたい。

広島と言えば巨人10連覇を阻止した1974年の中日優勝の翌年、巨人の凋落もあって2連覇必至と思われるなか、

球団創設以来の初優勝を遂げたのも、口惜しいが鮮烈な印象だった。

その後憎たらしい程の黄金期もあったものの、25年の長きにわたる臥薪嘗胆は他人事では無く、カープファンの喜びも察して余りある。


なにより嬉しいのはFAに頼らぬチームが優勝した事実だろう。FA制度そのものは否定はしない。選手にも選択権は必要だろう。

しかし問題は「富める者が貧しい者から奪う」不均衡があまりに露骨過ぎる事と、

その不均衡が選手を堕落させ、ひいてはプロ野球文化を腐らせる事だ。


某在京球団はのたまう。「富めるチームは営業努力を重ねている。だから人気があって金もある。その結果だ。」

しかし今シーズンの観客動員数はどうだ。

某在京球団 一試合平均 42,000人

広島      一試合平均 29,800人 

1350万人の人口を抱える東京と、280万人の県民しかいない広島のバックグラウンドの違いを考えろ。

一体どちらがより愛されているのか。

しかし観客動員が球団経営の浮沈に影響する割合は限られ、その他の要素に左右されるのがビジネスとしての複雑なところで、

特定の球団に利するルールが続く限り不均衡の解消は難しい。


その不均衡は腐臭を生む。

あれも欲しいこれも欲しいとかき集めた挙句、使い道も無いのに他球団の戦力にはしたくないと多くの選手を飼殺す球団。

(これはFA権を取得しながら飼殺しに安住する選手にも問題がある。試合に出てこその野球選手だろう。大喝だ。)

富める球団が吊り上げるマネーゲームで実力不相応の高額大型契約をせしめた挙句、ろくに働きもしない選手。

(福岡から来た20億円投手の1勝は一体幾らなんだ?)

これらは長い目で見てプロ野球の世界を腐らせると思えてならない。

プロ野球という興業は相手チームがあって成立するものだ。ハンデ無しの競り合いがファンを魅了し、永遠の発展に繋がるのだ。

米メジャーで導入されているように放映権料等々の一括プール、各チームへの再分配等による、

少なくともマネーの均衡化はFA制度を維持するなら必ずセットでなくてはならない。


脱線しまくった。

ある意味FA補強に最も縁が薄い広島優勝は、球界に蔓延するそんな矛盾や腐臭を一掃する爽やかさがあるのだ。

メジャーからあまたの引き手を断って広島に戻った黒田の男気。最後の居場所と古巣に戻って見事に復活の新井。

ドライなスポーツビジネスとは一線を引いた、そういう浪花節があるのがニッポンプロ野球の良さじゃないか。


写真は神田にあるお好み焼き屋。もう、まんまである。

ちなみに隣の「名古屋ダイニング ごはち亭」は名だたるドラゴンズファンの店。 (EF58とは無関係)

中日☓広島戦の際にはどうなるのか知らない。まあ来年は店前で乱闘騒ぎがある程の熱い優勝争いを期待しよう。
スポンサーサイト
[ 2016/09/12 20:04 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(10)

風太郎様


一枚目
風太郎様ワールド
大好き系お写真
始発列車の走る時間帯ならではの空の青
その青が雪を染めています
列車からの灯りとホームからの灯り
空の青に染められた部分とそうではない部分
その間にある僅かなスペースにある灯りに染めれた橙色の部分
その色調の美麗さに暫し唖然とする程です
憧れ写真です
このお写真の中 ホームに立ちたい!!!
[ 2016/09/12 21:17 ] [ 編集 ]

素晴らしい「社説」です


風太郎さんサイトの真っ当なご意見、さすがです。
狭い了見しか持たない地域ナショナリズムではなく、良いののは良い、ダメなものはダメだじゃなければね。
当然の常識が通じる11球団はすばらしいね。それにひきかえ… 困ったものです。

毎度ですが、Comment欄に入るとまた違う、この二重性もいいですね!

[ 2016/09/12 21:34 ] [ 編集 ]

マジックアワー


りらさま

「君の名は。」でいうところの「誰そ彼」ですかね。
夜の訪れと共に宴を結んだ鬼どもは東雲を見て帰ってゆくと言いますが、
朝と夕べに一度ずつ来るマジックアワーは、何かの奇跡も呼ぶ様な不思議な時間です。
人工光源の不自然な色も、ここにあってはその不思議をさらに深くしてくれるようにも思えます。
早起きして見て下さいと言いたいですが、それはもう寒いですよぉ。
[ 2016/09/12 22:12 ] [ 編集 ]

因果


大木 茂さま

本編がショボいなら余録で補おうかと。ちっとも補っていませんが。
地獄の沙汰も金次第ならぬ、勝ちも金次第の世界に何の魅力がありましょうか。
結局金で作ったチームは弱くなり、人気すらも地盤沈下という因果も見えてきたにも関わらず、
相変わらずそれに狂奔するらしいのは哀れというか、いや喜ぶべきかもしれません。
[ 2016/09/12 22:27 ] [ 編集 ]

一番列車

風太郎さま

かつては始発駅に駐泊していた車両も今やわざわざ送り込みですものね。
昔、駐泊時代の始発駅で、駅舎に灯りがともり気動車のエンジンが掛けられて新しい一日が始動する、
そのタイミングに出くわすとなんともホッとしたもんです。
[ 2016/09/13 19:28 ] [ 編集 ]

始発駅の思い出


狂電関人さま

なるほど夜明け前のしじまに響くアイドリングは、今日一日のワクワクを呼んでくれるようで。
ホームの冷気とそれよりはましながらまだ薄ら寒い車内など、始発駅の思い出は五感に蘇りますね。
只見線、送り込み回送をやってるとはこの撮影時点でも知りませんでした。
[ 2016/09/13 20:40 ] [ 編集 ]

広島東洋カープ

こんばんは。

社説、拝読させて頂きました。俄かでも嬉しいです(笑)

私、マジック点灯日のゲームは、東京ドームで狂喜乱舞しておりましたが、
優勝当日は家でしみじみと観戦しておりました。それにしても25年は長かった・・・

そう言えば、古葉カープの頃は本当に強かったですね。
それでも日本シリーズで阪急に負けていたような記憶がありますが。
山田久志、山口高志の二枚看板に手も足も出ない感じで。
因みにその頃は三村敏之選手が大好きで、以降高橋慶彦選手、野村謙二郎選手
と歴代遊撃手がなぜか贔屓でした。投手は大野豊投手ですね。

しかしカープも最近ではすっかり人気球団になってしまいまして。
地道にコツコツやっているところに共感を生んだのですかね。
まぁ、在京巨大軍団みたいなやり口は、今の時代にそぐわないかもしれませんし。

まぁ、こうなったら頂点を獲って欲しいです。まだまだ山はありますが。
そして来年はドラゴンズとカープで争いをしたいものですね。
その時はマツダは遠いのでナゴドに観戦行きましょう!







[ 2016/09/13 22:33 ] [ 編集 ]

おめでとうございます


いぬばしりさま

今年は広島を滅茶苦茶アシストした気がしますが、想いは社説の通りです。
長い臥薪嘗胆でしたね。おめでとうございます。
しかし玄人好みな選手ばかりですねえ。いぬばしりさんのカープ愛の深さが伺えます。
ナゴドと言わずやっぱりマツダじゃないですか。三江線もいよいよらしいですし。

ところで。10/16に走るという、大井川のEL旧客列車が気になっているんですが。
[ 2016/09/13 23:29 ] [ 編集 ]

こんにちは

お写真もさることながら 社説の素晴らしいこと(^^)
こころから広島優勝おめでとうと言いたいですね 日本の野球の良さを再認識した思いです 
ついつい新井さんの涙にもらい泣きしました 自分も年とったんだなと改めて思いました(笑)
頑として巨人を描かなかった「野球狂の詩」で常連だった古葉さんの時代をよく知ってるので余計笑 
もし もし 日ハム広島の日本シリーズが実現したなら無理してでも行かなくてはと思っております 

おらがクニの球団が勝つことがどんなにうれしいことか 元気なくした地域にもどんなに笑顔をもたらすか 身に染みますね
新しい朝が来た・・・希望の朝だ・・・今日もいちにちがんばります 
[ 2016/09/14 09:30 ] [ 編集 ]

ローカル対決




jamさま

北海道に行けばファイターズの浸透ぶりには驚かされます。
広い日本、野球までもが中央集権ではつまりません。
ましてや金で勝ちを買い集めるときては。
次はファイターズの俄かファンになっております。
最近ミニ巨人化しているソフトバンクに勝たせてはなりません。
日本シリーズでのローカル対決、期待しております。
[ 2016/09/14 21:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1190-61f63590