Silver Efex Pro 2

kominato20140409_429take1b2.jpg

    小湊鉄道  上総大久保    2014年








前から使ってみたいけど有料だからパスとケチな風太郎も、無料化された途端に手を出すのはゲンキンなもの。

Google傘下の画像処理ソフト 「Nik collection」である。PhotoshopやLightroomにプラグインして使う。

いくつか入っているソフトのうち「Silver Efex Pro 2」はモノクロ処理に特化していて、なかなか個性的な絵を出す。

上の写真は下の写真に「フィルムノワール」という処理を施したもので、文字通り銀塩フィルムっぽい感じの演出。

フィルム毎の調子の違いまで再現するとの事で、「パナトミックX」から「ネオパン1600」まで選び放題である。

この写真はトライX調との事だが増感現像を失敗したような変な絵だなあとの違和感は否めず、

これでも大分普通っぽく効果を抑えている。

しかしまあ次から次へと変化する写真にはびっくりだし、

自分の写真に思いも寄らぬ新しい発見を求めるのもこの手のソフトとの付き合い方かもしれない。








kominato20140409_429take1b.jpg








(写真展漫遊録)


konika1.jpg



新手の女子鉄かと思いきや。

通勤で使う西武新宿線の車窓に流れる幻夢。

窓外に在るがままの現実と、多分ガラスの反射に映っているであろう自身の現実の刹那で朧な交わり。

気付かぬだけで鉄道は摩訶不思議な時空の中を走っているのかもしれない。


新宿のコニカミノルタプラザが来年1月で閉館との事。

カメラ事業終了から10年経過し、映像文化・芸術への貢献の役割は十分に果たしたと。

3つの展示スペースを抱え、いいギャラリーだっただけに残念。

コスト食いは分かっちゃいるが、発表の場があってこその映像文化、文化あってこその映像商売だ。

ハードのみならず、結構儲けているはずのソフトメーカーあたりの英断も期待したい。






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/10/23 23:52 ] 写真道具 | TB(0) | CM(4)

確かに

トライXの増感現像に失敗したみたい、とは言い得て妙です。実際にそのものズバリの実体験をした身としては、それこそ激しく同意(笑)
この手のソフトは、もともとは恐ろしく重たいやつで、ネット公開は超お手軽バージョンとも聞きますが、はて。
[ 2016/10/24 09:45 ] [ 編集 ]

弄くり

風太郎さま

撮る時のレンズ沼に現像時の弄くり。

オッサンの趣味は底無しどころか・・・。
[ 2016/10/24 20:21 ] [ 編集 ]

強調


マイオさま

とにかくあらゆるフイルム銘柄が選択肢としてあり、大して違いが無いものもあろうと思うのですが、
そこはまあ過度に銘柄のクセのようなものを強調している訳で。
先日三好和義さんもタダになってラッキー、とこれを使ったモノクロ写真展をやっていましたからプロの仕事にも使えるようですよ。
使いようはいろいろ研究が必要なようです。
[ 2016/10/24 20:42 ] [ 編集 ]

やってみなきゃ


狂電関人さま

デジタルの妙は同じ写真を別物に変えてしまいます。
それは姑息な現実逃避なのか、新たな価値の創造なのか。
やってみなきゃその答えすら分からないから、ダウンロードにポチ!
[ 2016/10/24 20:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1206-7cf9c565