小湊深秋  その4     尾花の波

kominato20161105_11388take1b2.jpg

   小湊鉄道  上総鶴舞    2016年11月








どんな荒れ地にも群生する尾花の金色の海は、遠い彼方を見るような秋の記憶に繋がる。

早や傾き始めた陽を背に、通過する気動車が微かなさざ波を立てた。









HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/11/14 22:22 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(6)

逆光を探せ!

こんばんは。

久しぶりの小湊鉄道ですね。
それにしてももう晩秋なんですね…
お写真を拝見して改めて実感した次第です。

ススキはこの季節には外せないアイテムですよね。
線路端に群生しているのを見つけると、
逆光ポイントを探してしまいますもの(笑)
この先のお写真も楽しみにしております。
[ 2016/11/14 23:03 ] [ 編集 ]

風太郎様

尾花の前暈けの中に見える曲線の線路
右手には尾花がその名のごとく花のように見えます
その中を行く小湊鉄道
素晴らしいシーンですね
[ 2016/11/15 19:42 ] [ 編集 ]


いぬばしりさま

桜なんかと違ってススキは「旬」を意識する事はあまりありませんが、
シャキッと腰のある穂波が見られるのは結構短い期間だったりします。
此の場所は去年発見したのですがその時は曇天で厳しかったので再トライです。
「旬」は捉まえたかなと思うのですが、保線区がすぐ線路際は刈り取った後のようで。
花の命は短いばかりか諸条件が整うのは偶然の出会いも必要なようです。
だから飽きないのですが。

[ 2016/11/15 20:14 ] [ 編集 ]

予想通りの


りらさま

秋の田舎に行けば何処でも生えていそうなススキも、線路際に密生した役者な奴はなかなか見当たらないものです。
光線も大事、ここはこの時間帯だろと見計らっていった眼前に予想通りのライティングとなれば疲れも飛びます。
[ 2016/11/15 20:20 ] [ 編集 ]

例のカーブですね!?

風太郎さま

昨年は日差しに恵まれませんでしたが、
リベンジなりましたね!!
やはり尾花には日差しが無いと・・・。
ふと、高松のあの日がフラッシュバックします。
[ 2016/11/16 18:54 ] [ 編集 ]

巡回ルートに


狂電関人さま

ビンゴです。月末だった前回と比べ3週間は早い今回でしたから穂もシャキッとコシがありましたよ。
秋の小湊の巡回ルートに登録されました。
[ 2016/11/16 22:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1226-79e39928