秋澄みし わたらせ遡行    その10     冬の足音

watarase201611_11758take1b.jpg

   わたらせ渓谷鐵道  上神梅    2016年11月







わたらせ沿線の秋、そして冬は、足尾の山々から線路伝いに時間をかけて降りて来る。

でも季節の在りようは様々で、必ずしも順番を守っている訳でも無い。


ひときわ冷え込んだ朝を迎えた。

冬が近い。




(  秋澄みし わたらせ遡行      おわり  )







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/20 20:14 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(12)

風太郎 様

また 風太郎様は 私を泣かしましたね
この光景を感動の一言で済ませられるわけがありません
今回のお写真 何時の日か またニコンサロンを飾ることを信じて疑いません
[ 2016/12/20 21:03 ] [ 編集 ]

役者


りらさま

泣かせてすいません。この中坊の役者ぶりに風太郎も泣きました。
背中がいろいろ語っていますね。
現代ニッポンの津々浦々の在りようとして、陽の目を見るような機会があればと思います。
[ 2016/12/20 22:02 ] [ 編集 ]

人を撮らせば・・・

風太郎さま

人たらしは秀吉。

人を撮らせば・・・風太郎。

なんだかそんな一枚です、巧い!

順番を守らない季節の変化をいつまでも撮っていたいですね。
昨日は、愉快な会でした。またお願いしますね。。。
[ 2016/12/20 22:09 ] [ 編集 ]

さあおいで


狂電関人さま

かつては何の苦労も無く撮れた「汽車に乗る人」も、今ではお召し列車並みの希少価値に。
ならばその歩行ルートまで掌握した上で直前のイメトレを繰り返し、さあおいでなすったという苦労の末なのですよ。

次回は企画をお任せしますよ。
[ 2016/12/20 23:17 ] [ 編集 ]

有難うございました

風太郎さま、こんばんは。

この少年、年齢によらず後姿に哀愁があります。撮り方なのかな?
やはり風太郎さんは、人を撮らせたら天下一品なのですね。

昨日は本当に有難うございました。また次回お会いできる事楽しみにしております。
杉田屋旅館で(笑)
[ 2016/12/21 00:00 ] [ 編集 ]

風太郎様
おやじの背中・・・と良く言いますが、この中学生君も負けていませんね。風太郎さんらしい作品と感じます。
かつては、沢山の学生が行き交った駅、時代の移り変わりとローカル線の置かれている厳しい現状が見えてきます。
わ鐵沿線は地元のマイレール意識が高くなっており、良い状況ですが、鉄路維持の継続的な努力とアイディアが必要ですね。
ps 昨日は、本当にありがとうございました。感謝しております。
[ 2016/12/21 00:03 ] [ 編集 ]

リアル


いぬばしりさま

本当に寒い朝でしたから両手は袖の中にしまって、背中が丸まっているのが「哀愁」でしょうかね。
その土地に生きる事と共にあったはずのローカル線の変質は避けられませんが、それでもそこに在るリアルに目を向けていきたいと思います。
杉田屋旅館は大賛成ですが、いつ頃がいいんでしょうかねえ。そのあたりの見立てはいぬばしりさんの情報力の方が。

[ 2016/12/21 01:01 ] [ 編集 ]

絶滅危惧種


hmdさま

隣駅の中学校に通う生徒が大勢居るはずですが、急に寂しくなったような。
緑のジャージの地元小学生はまだまだ居る様にも見えますから、将来に期待というところでしょうか。
何か絶滅危惧種を見るようですね。マイレールに繋がる仕掛けは欲しいですねえ。

こちらこそ楽しい一夜を過ごさせていただきました。有難うございました。
[ 2016/12/21 01:07 ] [ 編集 ]

細かい事は 良く分かりませんが、ただ イイですね!
鉄道のレールがあるから一層 想像力を掻き立てるのでしょうか?
[ 2016/12/21 09:53 ] [ 編集 ]

鉄道のイマジネーション


森のharmonyさま

コメント有難うございます。

鉄道は遥かな旅路や繰り返す暮らしの日々に通じるイマジネーションと共に在ります。
それが何の変哲も無い風景に味わいや温もりを加えるのかと思うのです。
写真遍歴の中で人工物が全く入らぬ自然風景に憧れる事もありましたが、
やはり此処に帰って来てしまう不思議なチカラがあるのです。
[ 2016/12/21 22:06 ] [ 編集 ]

わたらせ遡行

わたらせ遡行楽しませていただきました。 これが日常と屈託ない通学生後ろ姿にも惹かれますが、つい駅端レールのカーブとバラストの様子から、国鉄足尾線時代には列車交換施設があり、この右側には雑草に埋れたホーム跡が残っているのではなかろうか?などと想像を膨らませながら拝見しました。 
[ 2016/12/22 20:01 ] [ 編集 ]

うたかたの夢


lofthonsenさま

流石は目の付け所が。
かつてはY線で分れて対向ホームに向っていたに違いないのですが、かなり以前にホームは撤去、
その跡地はいささか場違いなのですがホーム前に広がる「団地」の駐車場になって跡形もありません。
駅も閉塞器室を備えた立派な交換駅だったようですが、全てはうたかたの夢です。
[ 2016/12/22 23:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1230-861d7acd