小湊深秋  その6     天地

kominato20161105_11470take1b.jpg

    小湊鉄道  養老渓谷    2016年11月









小湊鉄道随一の景勝地と有名になった此処も、この時間ともなればあっけない程人が引く。

養老川は画面背後の山の手前に谷を作って流れているのだが、太古の暴れ川は流域に無数の三日月湖の跡を残した。

この広々とした田園地帯もひょっとしたら遠い昔の三日月湖の水面だったのかもしれない。


人の業は悠久の時を重ねた天地の営みに見下ろされているか。

いち日の終わりの余韻を、一人黙して味わえる場所でもある。



(  小湊深秋  おわり  )










HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/11/18 22:41 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(8)

風太郎様。
房総の低山の山際のグラデーションが美しい・・・
晩秋の小湊鉄道情景を十分に堪能させて頂きました。ありがとうございました。
日中は幾らかの観光客や同業者で賑わうこの鉄道も、夜の帳が下り始めると、一転するかと。
国鉄ローカル線の夜の寂しさとは、また少し違う雰囲気があると感じます。
話は変わりますが・・・小湊鉄道の国登録有形文化財登録が決まったそうですね。
22箇所との事ですから、わ鉄、天浜線に次ぐ規模ではないでしょうか?
長年の古い物を大切にする小湊鉄道の経営姿勢も評価され、嬉しい限りです。
国の補助金も付きますし、原則現状維持の方向になりますから、趣味的にも良いと思います。
ps 小湊レポ >来春6日間程度の取材を計画しています。文化財登録で良い機会かもしれません。
[ 2016/11/18 23:51 ] [ 編集 ]

楽しみにしています


hmdさま

この場所の凄い所は画角の範囲に人家が一軒も無く、目立つ道路も無く、街灯すらない所なんですね。
関東近郊の線路際ではまずないですよ。 余計なものが写らない分、イマジネーションが大きく膨らみますね。

国登録有形文化財、知りませんでした。有難うございます。
小湊の駅舎をはじめとする鉄道施設は、この国の公共交通の歴史を語る貴重な文化遺産です。
それが公的に認められ、金銭的な補助まで出るのは嬉しいですね。
小湊だって経営そのものは楽では無く、牛久以遠は予断を許さないようにも思うのですが、
一歩進んだ保存鉄道の可能性も含め、前向きな存続を期待したいですね。

hmdさんの取材、6日間とはまた力作になりそうですね。
これだけ通えば鉄道以前にこの土地への思い入れも深いです。
hmdさんの筆を大いに楽しみにしていますよ。
[ 2016/11/19 10:40 ] [ 編集 ]

暮時

風太郎さま

まさに、ジャストミート!(これを決め文句にしてるアナウンサーは好きじゃあれませんが・・・)
電関人も烏山線で狙ってますが、ちょうどの時間帯に列車はなくちと厳しい写真に(^^ゞ
[ 2016/11/19 17:49 ] [ 編集 ]

ジャストミート


狂電関人さま

ジャストミートですかあ。内角に食い込むスライダーに脇を締めて、という所でしょうか。
地面を真っ黒に潰したくなかったので空とのバランスが微妙すぎる鬼露出でしたが、
何よりこの時間にジャストな通過列車があったのは写真の神様に感謝ですね。

ここまで来ると「星景」の誘惑もあるのですが、ここって背後の山の向こうが妙に明るいんですよね。
それが辛うじて近郊を意識させるところなのですが、そのうちチャレンジしますよ。


[ 2016/11/19 18:37 ] [ 編集 ]

蒼 茫

こんばんは。

有名な菜の花畑ですね。でも、この時間に撮られる方はあまり居ないかと。
しかし、これこそがオンリーワン、こういうお写真私は大好きです!

一日の締めくくりに相応しい一枚、帰りの運転も心地よかったのでは。
[ 2016/11/19 23:01 ] [ 編集 ]

居なくなってくれた方が


いぬばしりさま

噂の「里山トロッコ」を始めて見ました。
電子合成の汽笛とドラフトを響かせるロッド無しの「蒸気機関車」には「・・・・・・」ですが、
それの通過時のみワッと集まり、すぐにどこかに消えてしまう人の多いことには更に「・・・・・・」です。
好き好きをどうこう言いませんが、何か物凄くもったいない事しちゃあいませんかというのは要らぬお節介でしょうかねえ。
でも居なくなってくれた方がムフ、というところもありますからやっぱり言わないでおきましょう。

毎度の夜討ち朝駆け、年々キツくなってきている事もありますし、帰りのハンドルはもう、真剣に握っていてあまり余韻はありませんねえ。
[ 2016/11/20 09:39 ] [ 編集 ]

風太郎様

今年も早朝から深夜まで小湊鉄道撮影でしたね
11月18日に小湊鐵道の22施設が国の有形登録文化財に登録・・・・・
その記事を新聞で読んだ時 最初に心に浮かんだのは風太郎様の小湊鉄道のお写真です
それほど 小湊鉄道と風太郎様は私の心の中で結ばれています
これからも小湊便り楽しみにしていますね


[ 2016/11/21 20:30 ] [ 編集 ]

生活の文化


りらさま

その昔は小湊鉄道など見向きもしなかったのですから不思議なものです。
しかし小湊は奇跡の如く昔のままの姿を保って待っていてくれたのですから愛おしいですね。
この国の「古いもの」への価値観は偏りがあり過ぎました。
それがこの国の民の生活の文化を今に伝えるものであることに、千年前でも数十年前でも価値が変わる事はありません。
多分観光的に賑わうことにも繋がると思いますしそれは結構な事とは思いますが、
文化への正当な評価と、洗練された観光センスを願わずにはいられません。
[ 2016/11/21 21:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1232-ce519c25