秋澄みし わたらせ遡行    その9     月は見ている

watarase201611_11735take1b.jpg

   わたらせ渓谷鐵道 上神梅    2016年11月







スーパームーンはご存知の通り関東ではとんだスカだったが、

上神梅駅のホーム側はほぼ真東を向いているので実は狙っていたのだ。

これは前夜の月。背後に山があるので顔を出す頃には大きく輝いて、多少欠けていたって分かりゃしない。


月は29日ごとに満ちて欠け、宇宙の軌道は途方もない時間を巡る。

この駅の百年を、月は見ている。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/18 19:03 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(2)

風太郎 様

上神梅駅 1912年(大正元年)建築なのですね
長い年月 どれだけの方々の思いがあることでしょうね
月が駅を見ているように 駅も月を見あげているのですよね
右手下のベンチに座って一人でこの夜の月を見ることが出来たら素敵だなと・・・私の無邪気な心が言っています
[ 2016/12/18 22:59 ] [ 編集 ]

余裕無く


りらさま

そうですねえ。ホーム側にも素敵なベンチがありますからお月見すれば良かった。
実際のところ月はみるみる昇っていくし、アングルのあれこれなんぞ考えるに慌てふためいてそういう余裕は皆無でした。
あっそれでもこの後、水沼駅併設の温泉露天風呂の湯船から見上げたな。それもなかなかでしたよ。
[ 2016/12/18 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1238-f1af3d01