秋澄みし わたらせ遡行    その8     沢入錦秋

watarase201611_11636take1b.jpg

   わたらせ渓谷鐵道  沢入    2016年11月







高度差がある「わたらせ」は、全線にわたって紅葉という事は無いが、

だからこそある特定の場所に来ているはずの「旬」を見つける楽しみもあるというものだ。

そんな季節の瞬間は、どうやら沢入駅にやって来ている。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/16 19:49 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(4)

風太郎 様

そうりえき・・・・読むのですね
国道が未整備だった頃は足尾線の貨物を利用して渡良瀬川の御影石を運搬し、当駅が御影石の積載所だった・・・調べてみました
私はどれだけのことを風太郎 様のお写真によって知ることが出来たでしょうね
それは はかりしれないものがあります
坂東カーブは、わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の沢入駅から原向駅間にある、同線で最も急曲線のカーブ・・・やはり調べてみました
その坂東カーブがお写真にあるカーブでしょうか・・・・
[ 2016/12/16 20:26 ] [ 編集 ]

教えて頂いています


りらさま

風太郎は撮りっ放しなだけで何も教えるような事はありませんよ。
むしろ教えて頂いています。
御影石の積み出し駅ですか。今では想像も出来ませんが多分貨物ホームだったのでは、
という広いスペースもありますからその名残りなんでしょうね。
足尾関連の輸送だけでは無かったことが伺えます。
写真は神戸側ですから坂東カーブとは違いますが、原向側はここからいよいよ狭い峡谷になりますからそんな急カーブもあったに違いありません。
[ 2016/12/16 21:39 ] [ 編集 ]

哀愁列車

風太郎さま

旬只中の沢入駅を出ていく古参DC。

排煙とともに枯れ木の方へ消えゆく列車の哀愁を感じます。
秋から冬へ、ハートブレーキーな時季です。
[ 2016/12/17 13:47 ] [ 編集 ]

紅葉のリズム


狂電関人さま

今年は天候不順もあって紅葉のリズムが狂っているのか、
それともこれがデフォルトなのか、今を盛りの紅葉と既に落葉して冬支度の木々が混在していましたね。
沿線は紅くなる木が少なく四苦八苦していたのですが、沢入駅にまとめてありました。
廃車が始まっているようでこの形式の余命が心配になりますが、この派手な排気煙は逆光で狙わずにはいられません。
[ 2016/12/17 15:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1244-02c8e12b