別れの流儀

日中線 熱塩駅のホーム7 1984年2月 日 16bitAdobeRGB原版take1b2

   日中線 熱塩   1984年






今夜は訳の分からない写真と風太郎のおセンチな話に付き合って頂こう。


廃止路線や廃駅との切ないというより、騒々しい別れが繰り返される昨今である。

それまで冷たい扱いしかしなかったマスコミは、絵になる絵になると手のひらを反して騒ぐし、

ある種の劇場なのか、応援ボードならぬありがとうボードの乱立やら、最後の絶叫やら、大音響のBGMやら、地元ゆるキャラの見送りやら。


でもそれは風太郎にとってはどこか30年前のデジャビュでもある。

国鉄再建の名の許に、途方もない数のローカル線が全国津々浦々で一度に失われた時代があった。

あまりに数が多過ぎてマスコミも追い切れなかったのか、大した報道も無かったような気がするが、

それでも各地で派手なサヨナラ列車が出て、もともと単行すら持て余していた路線に7両編成がスシ詰めで走ったり。


地元には地元の想いもあるだろうし、お祭り騒ぎで送り出したいなら優先権は彼らにある。

葬式鉄に群がる人達の理解も難しいが、他人の趣味嗜好をどうこう言うのも天に唾するようなものだから止めておこう。

しかし本来のローカル線のかたちは、淡々と、静謐に、その土地の普段通りの時間の流れと共にあるものだ。

そんなだから廃止になってしまうというのも真なりであるが、それに惹かれていたから遠い旅を重ねてやって来る価値があったのだ。

せめてその鉄道が本来の姿かたちを留めているうちに、一人そっと別れを告げたい。

あれ程好きだったのだから、別れに自分の流儀があってもいいじゃないか。


日中線の廃止は1984年3月31日。

それは風太郎の流転の学生生活がとうとう終わり、翌日から長きにわたるサラリーマン生活が始まる日でもあったのは何かの符丁だろうか。

抗えぬひとつの時代の終わりに自分らしく幕を下ろしたく。それは喧噪とも無縁な廃止のひと月前には終えたかった。


熱塩駅に停車した客車の最後尾デッキに立てば、暮れなずむ雪原に終端標識がぼんやり灯るのが見えた。

やがていつものようにホイッスルが響き、ガタンと動き出す客車。

事実上の回送だった夕刻の上り列車に、乗客は自分一人ではなかったかと思う。

ゆっくり遠ざかっていくX字形の灯りが次第に滲んだのは、舞い上がる雪煙のせいばかりではなかったろう。

それが今を生きている熱塩駅を見た最後。


あれから33年か。思えば遠くへ来たものだ。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/22 23:34 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(10)

こんにちは

地元の3駅が廃止になるニュース後
駅や周辺をいままでの駅らしく飾らず保つということに 地域町内会の方とほんとうに苦心した記憶がよみがえります 
救いだったのは 最後の最後のきしゃが小さな駅に停まり行くのを見送ったとき
旅人はほとんどいなくて 地元の数人でたき火を囲んでねぎらいの缶ビールを受け取ったとき、ご苦労様でしたと言いあえた時間があったことでした もう遠い遠い遠い昔のようです

鉄道ブログというものをしているおかげ?で地元の鉄道ファンや
いま苦難のただなかにある各路線で活動されている有志団体の方々と知り合い言葉をやり取りする機会を得ています
黙している方が賢いのかもしれないとも思う 余計なことは言わない方がいいのかもとも思う
でも知らぬふりだけはしたくない 皆泣きそうな感情を抑えて 自分にできることは何かを模索しています 
同時に 自分の気持ちの済むような、自分だけの鉄路との狭い時間を持ちたいとも心から思うのです

クリスマス 年末年始も忘れそうなぐらいの重たい12月です 雪も多くて重くってたいへん・・・


[ 2016/12/23 08:19 ] [ 編集 ]

記念の日

風太郎さま

1984.3.31は、良くも悪くも風太郎さんの岐路の記念日だったわけですね!?
この写真、やはりお手製のデジタル接写装置で見事復活の一枚でしょうか・・・。
雪上の機回しの轍と、か細い車止めの灯がかつて何処にでも在った終着駅の風景ですが
昭和の鉄道のモニュメントのようです。
[ 2016/12/23 09:40 ] [ 編集 ]

おらが鉄道


Jamさま

農作業の時計代わり、通学やら出会いに別れやら様々な記憶が積み重なった「おらが鉄道」への想いは
地元の人にしか持ち得ないもので、最後のかたちは地元に委ねられるべき、
勝手に惚れた外の人間が口を挟む事柄では無いのでしょう。葬式はなるべく明るくというのもひとつのかたちですし。
それぞれがなるべく自分の想いに近い別れ方を考えればいいのだろうと思います。

白滝の駅、そんな最後でしたか。焚火に照らされた雪原が目に浮かぶようです。
多分そこに集った人々にとっては納得できる終わりだったのではないでしょうか。

「地方」と「国土」の行く先や地域交通の未来図を描けぬまま営々と築かれ受け継がれた社会インフラが
なし崩しに消えていく様は慙愧に堪えません。
北方領土に夢中は結構ですが、それが戻る頃北海道そのものが原野に還っているでは戯画としか言いようがありませんね。
しかしローカル線の終焉が今まで先送りにしてきた議論を中央に押し出すきっかけになるのであれば、
消えていったものも浮かばれるというものでしょう。地元に熱があるならばそれを聞く賢者の耳があらんことを。
[ 2016/12/23 09:43 ] [ 編集 ]

ソウルフル


狂電関人さま

廃止の夜は既に会社の新人寮にブチ込まれていたので、騒々しい酒盛りのうちに終わったような気がします。
どこかで遥かな地への想いもよぎったかもしれませんが、それより翌日からの「変化」の方が余程重大事で。
既に納得のいく別れは済ませたというのもあったでしょうし、忘れるという事は救いでもありますから。

写真は例の「Silver Efex Pro」での加工ですよ。薄暗い写真と記憶が蘇りました。
熱塩の終端標識は今でもあります。取り付けられた枕木のヨレ具合も昔の写真のままで、
風太郎にとってはソウルフルな聖地でもあります。
[ 2016/12/23 09:57 ] [ 編集 ]

葬式は生ける者のため

お祭り騒ぎの見送りというのは
私のような若い者、何も知らぬ者が
鉄道に目を向けるひとつのきっかけでもあるように思われます。

とはいえ、私が本当に観に行きたいのは
この一枚のような静かな風景のような気がしますが。
[ 2016/12/23 19:41 ] [ 編集 ]

その人だけの


凛佐さま

なるほどそんな騒ぎでも無い事には本当に人知れず消えてしまう鉄道がある事も現実かもしれません。
鉄道にどんな想いを寄せるかは人それそれで、最後の瞬間にこそその人だけの想いが収斂されると思いますし、
公共物である鉄道は誰のものでも無いのですから、一人一人が自分のかたちを選んで追うしかありませんね。
一番つまらないのは自分が無くただ流行りの尻馬に乗る事かと。凛佐さんだけのワールドを見つけて下さい。

[ 2016/12/23 20:46 ] [ 編集 ]

風太郎様
騒ぎ立てず、静かに見送るべきなのは、とても同感します。
余所者やマスコミは変に騒ぎたてず、本来は地元の人達に任すべきですね。
全国に普通鉄道が開通した影には、多くの軽便鉄道や人車鉄道の廃止がありましたが、
大半は、新しく開通した普通鉄道による鉄道システムの進化であり、更なる発展のきっかけであったと感じます。
経済的理由と言えども、国鉄末期の様に進化のない廃線は、やりきれない気持ちがあります。

私事でありますが、長野電鉄屋代線の廃止が決定的になった頃、廃線間際を避け、4ヶ月前の11月に訪問しました。
二日間の取材で、すっかり顔なじみになった松代駅の駅長氏が、昔の話をし、懐かしんでおられました。
廃線と同時に退職されるとのことで、二日目最後の夜、「長い間、お勤めご苦労様でした。」と伝えた所、
とても感極まっておられたのを強く憶えております。
また、後の廃線当日、テレビのインタビューを避ける仕草の駅長氏のお姿を見て、
余所者は騒ぎ立ててはならないと、強く思った次第です。
[ 2016/12/23 23:19 ] [ 編集 ]

余韻


hmdさま

hmdさんはよそ者ではありますが、むしろよそ者がはるばる訪ねて来てくれたのが嬉しかったのだろうと思いますよ。
事故や変わった事が無いのが当たり前、淡々と同じ日々を繰り返す鉄道員稼業、
それでもそこにあった喜びや悲しみにhmdさんのお人柄が寄り添う所があったのでしょう。
それはひたすらビジネスライクなマスコミや、俄かに湧きだす多過ぎな人々は決して近づけない場所でもあります。

ある種のお祭りの高揚に惹かれる気持ちも分からなくはありませんが、より深くて永遠のような余韻を残す別れ方もあると、
説教するのも余計な事なんでしょうねえ。勿体ない事で。
[ 2016/12/24 01:06 ] [ 編集 ]

おはようございます

今年もどうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。

書かせていただこうと思いつつ、年を越してしまいました。

さて、廃止に伴う、鉄道とのお別れについてですが、私もやはり静かに見送りたいですね。
できれば普段通りの姿を見送ることができるときに。

廃止の話が表に出てしまうと、それ以前ののどかな様子を求めるのはもはや難しいのはわかっていることではありますが、
それでも、ローカル線に違和感のある賑わいは敬遠してしまいますね。

一昔前は、廃止の直前になって賑わうくらいだったと思うので、沿線でも比較的余裕があったと思うのですが、
最近はネット社会になったからか、携帯を含めてカメラが大きく普及したからか、それとも、鉄道ファンの間で他に撮るものがないからなのか...
最終日を含めて、一点集中的な雰囲気にはちょっと違和感を覚えます。

こちらの三江線も、廃止の報道があって以来、沿線や車内にはたくさんの人が見られるようになりました。
来年3月は、きっと凄いことになるんだろうなぁと。
15年ほど前の可部線の時でも凄かったですが、それ以降、情報の即時性と広がり方はかなり進んでしまいましたし...あまり想像したくないですが。

いずれにせよ、私はこれまでどおり、マイペースに沿線へと通いつつ、見送っていきたいと思っています。
それが、消えゆく鉄道への礼儀ではないかと。
[ 2017/01/03 09:47 ] [ 編集 ]

世知辛い日々ですが


山岡山さま

こちらこそ今年も宜しくお願いいたします。

撮影対象が対象だけに世知辛い日々ですね。
三江線も一度行ってみたいと思いつつも。行くなら今年が最後でしょうしねえ。
並々ならぬご執心のある山岡山さんのご心中はお察ししますが、
風太郎の様にメソメソせず泰然自若に構えていらっしゃるご様子ですね。

線路際に大勢集まるのはデジタル時代になって写真そのものが撮り易くなった事に加え、
とりあえずカメラを手に入れたものの撮るものが無く、鉄道でも撮ってみるかというところなのでしょう。
まあ鉄道は公共インフラという意味では誰のものでもありませんから仕方ないことです。
葬式鉄の狂騒まで行くと理解不能ですが。

只見線、上下分離をはじめとする「鉄道の在るべき形」の真摯な議論が全国に拡がるきっかけになればと思います。
負のスパイラルを増長するようなフリークエンシーの放棄に対する見直し、観光需要の拡大、沿線の新たなコミュニティ作り等々、
新たな試みが胎動すれば楽しいですね。

山岡山さんの静かな情熱を感じる作品の数々、今年も楽しみにしております。
[ 2017/01/03 10:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1247-a15ff111