下校時間

蒲原 高松の下車客1 1985年2月 AdobeRGB 16bit 原版 take1b

   蒲原鉄道  高松    1985年







夏の写真展ではいろいろな人にお会いすることが出来たが、蒲原沿線の小学校事情を教えてもらえるとは思わなかった。

自分も撮ってましたというその方曰く、沿線中央部には小学校が2校あった。ひとつは寺田、ひとつは七谷。

寺田-大蒲原-高松-土倉-冬鳥越-七谷と続く沿線のうち、村松町と加茂市の境があった高松と土倉の間に学区の境界線もあったという。

当時そんな事は意識する事も無く初耳だったが、写真を見返せばなるほどそんな電車通学の流れになっていたと膝を打つところだ。

大蒲原駅では通学の小学生は見かけなかったが、これはひと駅位歩けと言う事だったのだろう。

夕刻、寺田方面からの電車は多分高松集落の子供達を乗せて。

まだ此処から20分は雪道を歩く道のりだ。


村松加茂線最後の冬である。

雪が解けて子供達の学年がひとつ進む頃、ここに線路は無い。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/27 20:02 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(4)

村松加茂線

風太郎さま

1級下の電関人は、この線最後の日が学生と社会人の分岐点でした。
本当は入社式の前日駆けつけたかった気持もありましたが、そうもいかず・・・。
此処が無くなった後、南部縦貫と共に暫くロス気分でした。
[ 2016/12/27 20:22 ] [ 編集 ]

風太郎様

俯瞰撮影されたかのごとく見えますが 風太郎様はどこから撮影されたのでしょうね
雪が解けて子供達の学年がひとつ進む頃、ここに線路は無い。・・・
ではその子たちはどのようにして通学したのでしょうね
気になって仕方がありません
私の中学高校時代の学校最寄り駅は品川です
高輪口ですが品川駅周辺には愛着がありご覧のように撮影を度々しています
お写真の学生たちは 私のようなわけにはいきません
せめて今回のお写真をこの沿線で通学していた方々が一人でも多く見て下さることを願っています

[ 2016/12/27 21:03 ] [ 編集 ]

泣き損ない


狂電関人さま

ひと足早く社会人になっていた風太郎は、財力にモノを言わせた上越新幹線トンボ返り連発で最後の1年は結構行っています。
ラストショットは2月初め頃撮った土倉駅の夜。その時隣には貴君が。
もう一回行く予定だったので大した感慨も無く引き揚げたのですが、その後いろいろ忙しくなり図らずもそれが最後に。
泣き損ないの思い出となりました。
[ 2016/12/27 21:11 ] [ 編集 ]

この子達の記憶に


りらさま

線路をまたいで道路が走っており、その上からですよ。

通学は廃線後同じ区間を走る事となったバスに変わったのだろうと思います。(今はそれも消えたそうですが)
今は40歳も過ぎたはずのこの子達の記憶に蒲原鉄道はどんな形で刻まれているんでしょうね。
あまりにも当たり前の繰り返しだけに通学の写真など残っていないでしょうから、
本人達にとっても懐かしい写真なのではと思います。
広大なネットの世界、何処かで目に触れていたなら嬉しいですね。
[ 2016/12/27 21:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1253-5ac174b9