雪下駄到着

takadanobabaeki_12471b.jpg







アマゾンに注文していた「雪下駄」が年末ギリギリに届く。

昔だったら「ワカン」だがこれは踵が固定されていない「スノーシュー」だな。

昔は体力もあったし、どれだけ深いか分からない雪原に無謀な銃剣突撃の末に腰まで埋まったりしていたもの。

冬の北海道に行った時は後輩がワカン装備だったので先を歩かせて銀山の上とか登り、

その威力は実感していたのだが結局買いそびれており。まあ今更買うのもアレではあるが。

アルミ製でごく軽く、底には鋭いスパイク付き。確かにアイスバーンの上を歩いたら全くトラクションが無い訳だからスパイクは必要だよね。

本格的なものは数万円するらしいが、軽さと5千円しないお値段に惹かれて。

しかし軽い分大きさが小さいな、これで本当に「浮く」のかしら。昔とは体重も相当違うぞ。

値段相応のちゃっちい感じはしないでもなく、耐久性は全く未知数だな。まあ心配事は「実戦投入」の中で確かめるしかないね。


えっこんな下駄まで用意して何処で実戦なのかって?  それは内緒内緒。






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/01/02 18:14 ] 写真道具 | TB(0) | CM(4)

風太郎様

雪国で冬に用いるすべり止めの金具を打った下駄・・・調べてみました
ワカンというのは足の接地面積を大きくすることにより雪でも沈み込まずに歩けるようになるという山の装備である・・・調べてみました
長靴を履いてから雪下駄を履くのですよね・・・・
長靴自体を持っていない私には ただただ感嘆するのみです
風太郎様のお写真 記事にて多くのものを学ばせて頂いています
一番は写真魂ですね
今年も期待しています 寒い頃には寒い地での撮影でしたよね・・・・
[ 2017/01/02 19:29 ] [ 編集 ]

苦労の先に


りらさま

その通りですが「長靴」はダメです。実際のところ全く沈まない訳では無いので、
履口が大きく口を空けた長靴ではどっと雪が入って来て悲惨な事になります。
足首をしっかり締めた登山靴の上からスパッツ装着、更にコレというところですね。
まあ効果の程は行ってみなければ分かりませんよ。
苦労の先に極楽があれば良いのですが。
[ 2017/01/02 22:09 ] [ 編集 ]

新兵器

風太郎さま

フフフッ、何となく行先は想像できますが・・・。

まぁ、年寄りの冷や水にならないようにですゾ!
[ 2017/01/03 09:58 ] [ 編集 ]

フフフ


狂電関人さま

フフフ、風太郎は意表を突きますよ。うーん、そうでもないかな。
突入の成否はまた後日。
[ 2017/01/03 11:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1269-a16bd020