海を眺めて

土讃線 安和 2016年10月_11108b

    土讃線 安和    2016年






土佐の黒潮を眼前に望む駅。ほんのついで撮りをお立ち台で。


下の写真はごくごく簡素な待合小屋の中にある「らぶらぶベンチ」。

ご覧の通り座面がVの字になっており、表面はツルツルだから此処にカップルが座ったら。

けしからんベンチのせいに出来るという趣向らしく。

まあらぶらぶじゃなくともロケーションは最高だし、天気が良くて時間があるなら海を眺めてまったり過ごしてみたい駅。






土讃線 安和 2016年10月_11107b





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/05/25 21:20 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(6)

太平洋

風太郎さま

福岡に生まれた人間としては、海と言えば日本海でして
太平洋は今一つ海感が無いのです。(というか知らないのです)
そんな電関人ですが、来月はどっぷりと太平洋と対峙してみようかと
計画中です!!
[ 2017/05/26 18:39 ] [ 編集 ]

長い海岸線の国


狂電関人さま

風太郎にとっての海は反対に太平洋しか無かったのですが、
長じて日本海側ばかりへばりつくようになるとは。
長い海岸線の国、どちらにしても一括りには出来ない多様性があるものです。
意外性のある「太平洋側」を期待しています。
[ 2017/05/26 19:46 ] [ 編集 ]

海の駅

風太郎様
全国に海が見える駅は沢山ありますが、山の駅と違って、ひと駅ひと駅の個性が強いと感じます。
乗りでも、撮りでも、各人のお気に入りの海の駅があるのではと思います。
一番感動したのは、中学の鹿児島行鈍行で、山陰線の出雲市駅から数駅先?の松林の中にある小さな木造駅でしょうか。
松林の先に白浜の海水浴場が見え、地元の人達が大勢降りていたのですが、駅名が思い出せないです(汗)
うーん・・・青春の1ページですね(笑)
ps 変な椅子?は、旧国鉄二見線の天浜線にいっぱいあって、面白かったです(笑)
[ 2017/05/27 10:09 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/05/27 10:36 ] [ 編集 ]

ミステリアス


hmdさま

旅の道すがらふと見かけた素敵な駅、でも何処なのか思い出せないというのはよくありますね。
長じてそれなりに細かい行程管理を始めたり、様々な情報検索が可能な時代になるとそんな経験も無くなったような気がします。
昔の気ままで自由な旅ならではのものです。ふとすれ違っただけ、誰とも知れぬ美女のようなミステリアスなトキメキも良き哉と思うのですが。
出雲市から数駅、海が至近、海水浴場ありとなると「田儀」あたりでは。風光明媚な撮り鉄のお立ち台エリアでもありますね。
確認に旅立たれては、と焚きつけちゃいます。

「変な椅子?」はひとつだけならいいですが沢山あったら引きますね。皆カップルで埋まっていたらというのは想像したくありません。
[ 2017/05/27 10:43 ] [ 編集 ]

有難うございました


鍵コメさま

拝見しました。思えば高校3年の夏に行ったのが最後ですから記憶もおぽろなのですが、
中根の水田地帯で撮った記憶があります。
懐かしいです。有難うございました。
[ 2017/05/27 10:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1273-5b453449