「D」の記憶   その8      夜空

karasuyama_12770take2b.jpg

   烏山線 小塙    2017年1月








小塙駅の烏山寄りのカーブは沿線でも屈指のお立ち台らしく。

休日もあって最後を惜しむカメラの砲列は20人分はあったろうか。


やがてとっぷり日が暮れればあっという間に人は去り、ただ一人残される。

それは漆黒に包まれゆく空に一等星が微かに浮かびつつあるのが気になったから。


ディーゼル機関の唸りが溶けていく東の空に昇るのは、巨大なオリオン。



(  「D」の記憶  おわり  )









HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/03/07 21:16 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(10)

素晴らしい

他人のやらないことをやる、この根性は…素晴らしいですね。
正に、デジタル技術を使った新たな表現を追い求める姿に感動します。
昔だったらば「暗くて写りません」で終わったのですが、今ではそうはいかないね。
ぼくの知っている映画撮影監督に「俺は24時間カメラマンだ」と言っている人がいましたが、
そのとおりで、24時間撮影のことを考えている人でした。
朝早かろうが、夜遅かろうが、撮影のチャンスを考えていた方です。

デジタル技術の特性を活かして、全く新たな表現ができることに、取りあえず「乾杯!」です。

[ 2017/03/07 21:59 ] [ 編集 ]

風太郎 様

ギリシア神話に登場するオリオン その勇姿 捉えることが出来ましたね
地上の星の烏山線  天空の星と相まって気品高い作品となっています
「D」の記憶の幕は今宵 おりるのですね
私の心の中 カーテンコールは鳴りやまないことでしょう
[ 2017/03/07 22:01 ] [ 編集 ]

銀河鉄道D

風太郎様
最後は、とてもロマンチックな作品ですね。驚きました。
遠近と光の強さの差が大きいので、撮影はとても難しいのでは?と、素人ながらに思いましたが、
風太郎様の撮影に対する気迫と高い技術を感じます。是非、大きなパネルで拝見したいです。
[ 2017/03/07 22:08 ] [ 編集 ]

オリオン座

風太郎さま

また綺麗に写りましたね。
天体写真としても及第点の描写ですよ!
[ 2017/03/07 22:15 ] [ 編集 ]

小塙の一日

こんばんは。

小塙の一日、楽しく拝見させて頂きました。
知っている場所だけに、何か自分が居るような感じがしました。

比較的近くでキハ40を見ることが出来た烏山線でしたが、
今思えば、もう少し行けば良かったなと後悔しきりです。
[ 2017/03/07 22:28 ] [ 編集 ]

24時間


大木 茂さま

有難うございます。

20年近く鉄道の写真から遠ざかり、デジタルも食わず嫌いが長かったのですが、
デジタルの威力を知る所になれば、これを鉄道に向ければあの頃撮りたくても撮れなかった絵が撮れると。
忘れかけていた鉄道の写真の可能性にもう一度賭けてみようと奮い立たせてくれたように思います。

デジタルの力は仰る通り、少なくとも技術的には24時間を写真の時間に変えてくれたようですね。
後は撮る人の気持ちの在りようが問われる訳で。
コンテスト中毒者か、俺以外は撮らせないというバカなアマチュアも散見しますが、
勝手に居なくなってくれるのはちょっとニンマリです。

あっ大木さんの「真幸の七つ星」にインスパイアされて、というのは白状しておきます。
[ 2017/03/07 22:41 ] [ 編集 ]

悠久の天地


りらさま

天文に疎い風太郎は星座などオリオン座か北斗七星位しか分からないのですが、
なかでも分かり易いオリオンが実は目の前に居たというのはラッキーとしか言いようがありません。
ディーゼル機関という動力は静かに幕を下ろしたのですが、
それさえも悠久の天地の前にあっては瞬きのような出来事に過ぎないと、出来上がった写真から教えられるような気がします。
[ 2017/03/07 22:57 ] [ 編集 ]

取り敢えず


hmdさま

仰る通りこれ程の明暗差も無い訳で。
後から見ればハーフNDでも使えば良かったかと思いますが、
現場でそこまで読める程風太郎もこの手の写真を撮り慣れておらず。
取り敢えず写った事には感動しましたし、贅沢を言えば次のツキも逃げそうですから言いっこなし。
[ 2017/03/07 23:04 ] [ 編集 ]

写真の神様が


狂電関人さま

目立つ一番星だなあと思えばそれがペテルギウスで、その対角にリゲル、
やがて三ツ星が浮かんで来れば間違いないと結構興奮しました。
それでも一分刻みに星座は位置を変えていきますから気を揉んだのも事実。
まあ写真の神様が夜明けからご苦労、最後に撮りなさいと用意してくれたのでしょう。

この写真、拡大すると三ツ星から伸びた「剣」の部分にあるオリオン座星雲も写っているんですよ。
デジタルも凄ければ、この地の澄み切った空気と光害の無さにも驚きます。

[ 2017/03/07 23:14 ] [ 編集 ]

二発目は・・・。


いぬばしりさま

結局小塙~滝間の半径500m以内でこの日の写真を全て撮り切った事になります。
さすがにそれ程動かないのは珍しいのですが、これ以上無い様な冬晴れに恵まれた事もあり、
同じ風景を刻々と変わる光線の中で捉える面白さも味わいました。
まだまだ撮りようはありそうですし一発で気に入った撮影地なのですが、二発目は・・・。
アキュームと和解する日はやって来るのでしょうか。
[ 2017/03/07 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1275-58394b7e