寒波襲来 只見線   その1    豪雪街道

tadami201701_12827take1b.jpg

   只見線  会津川口    2017年1月







「今週末は数年に一度の大寒波がやって来ます。大荒れの天気に警戒・・・・」 と、天気予報。

おいおい、昨冬信越本線筋に入った時は「十年に一度の大寒波」だったぜ。

道東に行けば北海道そのものから脱出不能になりそうだったし、やっぱり風太郎は嵐を呼ぶのか。


「最低気温は氷点下8℃。」 とか聞いても、厳寒期の北海道でマイナス20℃オーバーの修羅場を踏んでいる身からすれば

暖ったかいじゃないと意に介さぬし大雪もむしろウエルカムながら、泣く子も黙る「ウヤ」ラッシュには勝てぬから

一時は真剣に延期を検討したものの、既にスケジュールに隙間は無く。


ままよ、動かなかったら一日温泉で雪見酒だいと、予定通り只見線会津口に2泊3日ブチ込んだるわ。







tadami201701V3_13504b.jpg





ダダ遅れのローカル線撮影の必需品と言えばJR東日本の「どこトレ」だ。

まあ酔狂な鉄ちゃんなんぞもとより想定外なサイトだろうが。

列車の居場所がリアルタイムにプロットされるとは夢のようだ。

今回ばかりは全面的に頼んだぞ、どこトレ。

しかし「魚沼側」に行かなくて良かった。こちらは丸3日間、完膚無きまでにウヤだ。


昼も夜も、音も無く降り積む雪。





tadami201701_12929take1b.jpg

   会津中川







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/01/24 21:15 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(11)

ゆきどんどん

風太郎さま
雪国の鉄道は、雪の季節が一番美しいと思いますが・・・撮影行脚が大変そうですね(汗)
先日のカンジキが大活躍かなと。撮影後のひとっ風呂と酒も最高で、羨ましい限りです。
うちは寒いのが苦手なので、冬は近場か雪のない南行きばかりだったり。
[ 2017/01/25 00:07 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/25 00:18 ] [ 編集 ]

寒くなる程


hmdさま

カンジキはふかふかの新雪の許では無力でした・・・。いや体重かな?
いずれにしてももう少し締まった雪の上でないと無理っぽいですね。
まあ寒くなる程、降りが激しくなるほど絵になりますからねえ。困った事に。
その分温泉でほっこり温まりました。
[ 2017/01/25 21:17 ] [ 編集 ]

酷寒豪雪の中

風太郎さま

お疲れさまでした。
無事帰ってこれて何よりです。
さて私の番ですが、なんだか気温高そうで・・・。
[ 2017/01/25 21:34 ] [ 編集 ]

上越筋と会津筋


狂電関人さま

同じ様にヤバそうでも日本海からの雪雲が流れる上越筋とひと山ある会津筋とでは大分様子が違うのでしょうか。
思ったよりは降りにしても気温にしても穏やかでしたよ。途中から晴れ間が出てなんじゃこりゃという場面もあった位で。
只見線も多少の遅れはあれどほぼ完走だったのはラッキーでした。
魚沼側は飽きる程降ったのでしょうからちょうどいいんじゃないですか。
[ 2017/01/25 21:44 ] [ 編集 ]

嫉 妬

風太郎さま、こんばんは。

行かれましたね只見線。それも大寒波襲来の時に…
私もこの後、19~20日と会津に行きましたが、殆ど雪降りませんでした。
ですので、二枚目のお写真に嫉妬してしまいます(笑)
何せ折角持って行ったスピードライトも使わずじまいでしたし。
リベンジマッチしようかなぁ~
[ 2017/01/25 23:30 ] [ 編集 ]

行ってみなければ


いぬばしりさま

実際はそれ程荒れてなくて、まあ吹雪の時もありましたが曇り空あり晴れ間ありでバリエーションには恵まれたかも。
玉砕覚悟でしたが行ってみなければ分からないものです。

朝靄の立つ雪の朝なんてなかなか狙っても撮れませんよ。
与えられた条件の許でベストを尽くしましょう。

[ 2017/01/25 23:50 ] [ 編集 ]

大志雪景色

やはり只見に行かれてましたか。そんな気がしてました。
さすがは、嵐を呼ぶ男。大雪もものともしない行動力には頭が下がります。
吹雪には息継ぎの時間がありまして、その時に列車が来るかどうかですね。
さて、お題の大志集落の雪景色が見られるか否か。楽しみにしております。
こちらは、来月を予定しています。
[ 2017/01/26 00:30 ] [ 編集 ]

風太郎様

雪下駄はこの地の撮影の準備だったのですね

一枚目
只見線の左手には民家があるようですね 右手には木々があります
その中を走行していますね
拝見しているだけの私には 綺麗な雪景色の中の只見線ですが 撮影中は それはお寒いことでしたでしょうね
まるで水墨画のごとくに気品高いお写真となりましたね

最後のお写真
雪が玉暈けのようになっています
美しいです 暫し見とれました

暖房が効いた部屋で鑑賞するのは 申し訳ないくらいのお写真です
[ 2017/01/26 20:12 ] [ 編集 ]

手堅く撮りました


こあらまさま

大志雪景色ですかあ。
狙わなかったと言ったらウソになりますが、1m以上の雪がここ数日で積もったとなれば手強かったです。
必死で行ったところで仰る通り吹雪の波状攻撃では肝心な時にというリスクもありますし。
でもそんな無理をせずとも充分絵になる集落です。それはこあらまさんの写真でも実感していましたから。
手堅く撮りましたよ。
[ 2017/01/26 23:20 ] [ 編集 ]

雪の降る日に


りらさま

>暖房が効いた部屋で鑑賞するのは 申し訳ないくらいのお写真です

とまで仰っていただけるならこのタイトな状況も伝わったという事で嬉しい限りです。
雪の降る日にストロボを使うとこんな風に写ります。りらさんのテイストにも合うと思いますが。
もしももしも東京が雪景色になったらチャレンジしてみては。
[ 2017/01/26 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1277-42f4c56e