「D」の記憶   その4     里をゆく

karasuyama_12684take1b.jpg

   烏山線 小塙    2017年1月







沿線は素朴な里山の佇まいが残る。

なんのてらいもなく繰り返される日々の暮らしが作った風景は、

冬の陽だまりにも似た優しい温もりを宿すようだ。








karasuyama_12654take1b.jpg

   小塙






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/02/28 20:01 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(4)

風太郎 様

一枚目
建物は農機具を仕舞う倉庫でしょうか・・・
その建物の前にある作業用機械
その建物の背後を走行する烏山線
その対比がとても楽しいです
烏山線がかくれんぼしているみたいで可愛いです

二枚目
二両編成色違いですね
またまた可愛いです

里山の可愛い列車 見つけた2017年りらの記念日・・・・
[ 2017/02/28 21:39 ] [ 編集 ]

穏やかな幸せ

りらさま

農機具用の納屋のようですね。それこそ戦前からあるような歴史を重ねた建物です。
畑、空、竹林、そして鉄道。本当に何気ない風景ですが、
これこそ人の手が長い長い時間を掛けて作りあげた暮らしの風景なのだろうと思います。
変化や刺激はなく退屈なのかもしれませんが、穏やかな幸せの時間がそこに宿っているようで飽きません。
[ 2017/03/01 00:03 ] [ 編集 ]

土蔵

風太郎さま

こう撮りましたか・・・!?
前から気になっていた土蔵でしたが電関人は上手く撮り込むことができず。
[ 2017/03/01 18:24 ] [ 編集 ]

ストレート勝負


狂電関人さま

どうもこうも全くのストレート勝負、自然体ですよ。
こういう存在感のある被写体には妙な小細工は不要かと。
[ 2017/03/01 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1292-9a60a660