北の細道   その5      音威子府

hokkaido201702_14304音威子府take1b

   宗谷本線 音威子府   2017年2月






ある意味天気予報は要らないのかもしれない。

春を思わせる陽光は俄かに掻き曇り、白いヴェールに覆われた後、雲間に再び星が瞬く。

そんな日々の繰り返しが、音威子府の長い冬だ。






hokkaido201702_14320音威子府 take1b


hokkaido201702_14269take1b.jpg


hokkaido201702_14016take1b.jpg







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/03/23 21:15 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(2)

今冬の音威子府

風太郎さま

ちょっといつもと違った冬だったのではないでしょうかね。
それにしても・・・嵐を呼ぶ男らしい吹雪方で・・・(笑)
[ 2017/03/25 11:40 ] [ 編集 ]

ねっぷの冬


狂電関人さま

氷点下が二桁にならないとはこれいかにという感じではあったのですが、
本当にシバレあがるのはむしろ高気圧圏内に入ってからで。
音も無く雪が降り積もるのもやっぱり「ねっぷ」らしいなあと思うのです。
それでも今年は雪が消えるのが早いかもしれません。
シベリアに帰るツルの編隊が上空を通過する頃、音威子府に春がやって来るのです。

[ 2017/03/25 13:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1307-6fcecf41