北の細道   その11      塩狩

hokkaido201702_14736take1b.jpg

   宗谷本線 塩狩    2017年2月







宗谷本線いにしえの名撮影地として何を今更感のある塩狩だが、

風太郎の中では現役最末期に廣田尚敬氏が惜別の念を込めて編んだ写真集(「永遠の蒸気機関車」)の主要部分がここでの撮影だったのが印象深い。

なかにはこの峠の急曲線を利してか「上目名のC62」ばりの「C57正面どアップ」もあって、何か氏自身の過去の作品に対するオマージュのように思えたもの。


いずれにしても線路を歩行して峠道の核心部まで至らなければらしい風景が撮れないのは明らかで、

その当時はともかく、現代においては完全にタブーなのは言うまでもなく。

蘭留近くの国道沿いの丘を登れば峠の入り口付近を俯瞰できるポイントがあるらしいが、時折吹雪く天候下にあっては無闇なバクチも打てず。

結局駅から離れられないとあっては半ば分かっていても寂しいものだ。


ここを訪ね、しかも泊まった唯一の動機は、早朝の上り雪レが収集情報では5時40分位に通過との事、

その時間なら辛うじて夜明けのブルートーンの下で捉えられるとの読みで。







hokkaido201702_14729take1b.jpg






泊まりは駅のすぐ脇にある「塩狩ヒュッテ」。多分思い出深い人が多いはずの「塩狩ユースホステル」のリニューアルで、もちろんユースとしての営業もしている。

というか基本はユースだから相部屋のザコ寝がデフォルトなのだが、朝が早い風太郎は同室者の迷惑を考え個室ユースで申し込めばこれが結構高い。

同業者の利用も多いらしく、あー雪レね、とオーナー。念のため通過時刻を確かめたら何と「5時3分」との事。

げええっ、さすがに真っ暗じゃんと一気に萎えるがもはや後には引けぬ。成せば成るってか。


夜明け前の駅は森閑と佇む。

かっきり5時3分に雪レ、静かに通過。ここに常駐の保線係員、呆れたのか、かえって尊敬に至ったのか、妙に親切だったのも良し。







hokkaido201702_14749塩狩take1b







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/08 20:23 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

塩狩

風太郎さま

ここへも行ってたんですね。
電関人も77年渡道の際、訪れてみたい駅の一つだったんですが
駅から峠が遠く離れていることを知って辞めた覚えがあります。
結局撮影を予定していた数日間、殆ど悪天候でオノボリ旅行になったことは、
かつてお話した通りです。。。
凄惨な事故があったことでも有名で・・・。
闇夜の雪ㇾ撮影ご苦労様でした。
[ 2017/04/08 22:19 ] [ 編集 ]

塩狩の今


狂電関人さま

現役SLが消えた後、それこそ潮が引くように撮影地としてのポジションが低下したのは、
所謂お立ち台が存在しないからなんでしょうね。
深閑とした「塩狩ユース」はなかなかのロケーションなんですが。
学生時代途中で放り出した「小説塩狩峠」はこれを機に再チャレンジする事としましたが遅々として進まず、
ギリギリ「その現場」で読了致しました。
[ 2017/04/08 23:22 ] [ 編集 ]

こんにちは

ヒュッテに泊まられたんですね
私は泊まったことありませんが 年に何度か、ここで開催されているイベント的カフェが開かれてるときに ここの奥様が作ったカレーを食べたことがあります

でもいつもそそくさとこの上のほうの三浦綾子氏の文学館にいき
いつもぼーっと佇んでは管理人さんとお話したりしていました (おしゃれなカフェは苦手で)
今はちょっと遠くてなかなか行けませんが・・春先のカタクリの美しさに幸せを感じておりました
よく道外からの鉄道ファンが来られているそうで ヒュッテのFB上でよくその報告を目にしています

塩狩峠そのものへは冬はやはり厳しいですね 
私も冬ではない時に地元知人に伺った国道からの道を行こうかと思ったことありましたが その時は熊が出没したてだったので断念しています(;^ω^)
[ 2017/04/10 14:19 ] [ 編集 ]

塩狩ヒュッテ


jamさま

塩狩ヒュッテ、ご主人は地元和寒町出身との事ですが、奥様は別の土地から来られたんでしょうね。
壁に除雪列車の通過時刻表が貼られているのはさすがです。
ただ夜更けの到着、早朝出立の風太郎はオーナー夫妻の手料理はおろか、あまりお話する時間も無かったのが残念です。
さしたる観光地も無く、なかなか集客は大変だと思うのですが、除雪列車需要は大きいのでしょうね。
ただユースというか、山小屋の造りです。一部屋の話し声が建物全体に響き渡ります。
日付が替わる辺りまでくっちゃべる中高年男女にはキレそうになりました。なかなか作法が必要な宿ですね。
[ 2017/04/10 23:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1315-31528eef