北の細道   その16      恵比島峠

hokkaido201702_15080take1b.jpg

   留萌本線 峠下   2017年2月







ほとんど平坦地を走る深川~留萌間にあって雨竜山地を横切る恵比島峠は、

主たる需要が羽幌・留萌炭田の石炭という超重量輸送であった事を考えれば、それは険しい峠越えの道だったようだ。

時は流れその峠越えの記憶は、パーミルを緩和するために設けられた馬蹄形の特異な線形に残るのみである。

行ってみればその馬蹄形部分は防雪林に囲まれ見通しが利くポジションの発見は容易では無く。

このあたりのご苦労とこの峠道の詳細は、Wonder+Graphicsさんのブログに詳しいのでご一読を。

昨今のヘタレな風太郎は無謀なラッセルに突入する程の気力も無く、峠下から徐々に高度を上げていくこの築堤周りで誤魔化す事にする。

今は単行キハが軽やかに駆け抜ける人跡薄い峠道は、静寂だけは昔のままか。

D61の本務機に9600の後補機という石炭列車の咆哮を、幻聴でも聞いてみたいと耳を澄ませる列車待ちである。









HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/18 22:15 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1317-6ff02cba