ED1

ED1okanbara.jpg
    蒲原鉄道  大蒲原   1983年



ウェスチングハウスのコピーのような外観を持つ蒲原鉄道のED1型電気機関車は、

1930年日本車両製の古豪。

冬季のラッセル車として活躍する姿は鎧武者のようで、白一色の写真に重厚な存在感を与えてくれた。

冬以外は昼寝が多かったが、まれにワム1両を引いたり、貨車を迎えに行くのか電車の前に補機のように

つく牧歌的な編成がやって来て狂喜したのも懐かしい。


風太郎はまだ見ていないが冬鳥越の駅跡に保存されているらしい。再会を果たしたいもの。



HP「蒲原雪譜」に写真追加しました。



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
[ 2012/01/15 09:23 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(2)

ED1は、

風太郎さま

私は、とうとう動いているED1を撮ることができませんでした。
[ 2012/01/16 07:20 ] [ 編集 ]

それは残念

残念でしたね。

一緒に行った時は雪の降り過ぎでロータリーの出番でしたっけねえ。
[ 2012/01/16 21:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/135-fba3c8b5