北辺の機関車たち

_15891take1b.jpg

  「北辺の機関車たち」  復刊ドットコム刊      








初版が1971年、半世紀近い時を経て蘇った伝説的名著である。

風太郎が写真に目覚めた1980年代以降は古本屋でも見かけるのは稀で、あったとしても2~3万円に及ぶような法外な値付けでは手が出るはずも無く、

噂だけは聞くものの実際に中身を見たのはそれから20年以上後だったりする。

見たい人間が大勢居るのに適価で手に出来ないというのは何より出版文化の貧困と思うし、

「復刊ドットコム」という企画で現代に蘇るは、やはり多くの人々がこの写真を熱く支持した事はもとより、文化の継承という視点でも喜ばしい。








_15898b.jpg

   これが初版本。焼けと傷みが歳月を語るがこれでウン千円だ。






現役SL末期、日本中を席巻したブームの始まりの中で、当時大学生だった三人の若者の手で綴られた鉄と氷、黒と白の絵巻。

厳寒の鉄路に生きる男達の姿もモノトーンの世界に息遣いている。

「蒸気機関車の商業化に耐えきれなかった」というのはメンバーの一人である大木さんの言だが、

その時代をリアルに知らぬ風太郎もブームに乗じたような陳腐極まりない写真群が残されるを見て溜息ついた記憶はある。

所詮商売先行、マーケティングとして撮られた写真には魂から湧き出る様な憧れや愛おしさといったものが宿るはずもないのだ。

アマチュアであるが故のそして若さ故の純粋さと、本当にそれを愛した者のみが持ち得るロマンチシズムが芳醇な旅の抒情と共に心を捉える。

印刷は最新製版で見事にリニューアルされた。スキャニングからやり直したというから画像のクオリティは全く別物だ。

昔の印刷の方も味があるというのは古本を大枚はたいて買った負け惜しみでもあるが、両者を比べてみるのも味わい深い。








_15893b.jpg

_15894b.jpg

_15895b.jpg

_15896b.jpg








今やかつてのSLブームを凌ぐのではと思える撮り鉄ブームである。線路際に立つ人の絶対数で比較するなら今の方が多いかも知れない。

しかしその大衆化・商業化は、ともすれば無個性かつ予定調和的に迎合した写真表現の量産にも繋がる。

世の趨勢に敢えて背を向けた若者たちのエネルギーの在りようが現代に蘇る事もまた、何か時代が求めたアンチテーゼにも思えるのだ。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/05/29 21:32 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(10)

当時大学生だった三人の若者の手で綴られた鉄と氷、黒と白の絵巻。・・・当時大学生だった三人に驚きました
当時から名高い名著だったようですね
その三人の方々の機関車への想いは計り知れないものがありますよね
見開きになった背後山並み手前民家 その中を走行する機関車の煙の豪快さに溜息をつく程でした
最後のお写真の切り取り 斬新ですね 魅了されました
ご紹介頂き有難う御座います


[ 2017/05/29 21:49 ] [ 編集 ]

上手いを越えて


りらさま

現代のデジタルカメラのように極めてローコストで撮りまくれる訳でも無く、
高額なフイルム代を考えれば1日1本(36枚)程度しか撮れなかったと聞きます。
しかも撮った時は写ったかどうかも分からず、帰ってから現像してみて初めて結果とご対面です。撮り直しは出来ません。
そんな厳しい制約をはねのけて、人真似でないオリジナリティを実現した事に誰もが感動したのでしょう。
上手い写真である事はもちろんなのですが、それを越えて被写体に向かい合う心を教えてもらう気がします。

[ 2017/05/29 22:51 ] [ 編集 ]

祝復刊

この初版本はかなりきてますね。二刷の白箱の定価¥2500のやつですね。
前にもお伝えしましたが、初版本は初版本です。今回の復刊本は「新北辺の機関車たち」とでもいうべきものです。
半世紀も経っているのですから、復刊本の方が、技術的に大きく優っているのは、当然と言えば当然です。
ただ、若き日の情熱溢れる御三方の原点は、このボロボロになってしまった初版本にあります。
ずっとこの写真集と年を重ねてきたので、強い思い入れがあるのは確かですが、原点あっての復刊です。
とにかく、両方を見比べて、色々と楽しませてもらい、学ばせてもらおうじゃありませんか。
[ 2017/05/30 01:37 ] [ 編集 ]

シンプルに力強く


こあらまさま

初版と第二版があり、黒箱と白箱があるのは分かっているんですが、白箱が第二版ですか。
本体に書いてあるのは「昭和46年8月20日発行」なんで初版と思ったんですけどねえ。
箱だけ入れ替わってる?さすがに半世紀を経るとミステリアスな要素も出て来るようですね。

前オーナーも一人では無いのかもしれません。蒸気好きな人の手から手へ。
傷みの原因はひょっとしたらリュックに忍ばせて北海道に渡ったのかも。
そんな空想に耽る事が出来るのも「古い本」の味わいかもしれませんね。

全国にまだまだ煙があった時代に、総花的でなく「冬の北海道」に狙いを絞ったところがまず成功だったのでしょう。
美意識を突き詰めてゆけばシンプルが持つ強さに行きつきます。それに気付いた所が三人の若者の非凡さだったように思います。
[ 2017/05/30 20:45 ] [ 編集 ]

追伸


こあらまさま

値段も1500円です。やはり中身は初版でしょう。
この本の相場価格は初版が第二版の5割増しと聞きますから嬉しい気もしますが、何ともミステリアス。
[ 2017/05/30 21:16 ] [ 編集 ]

初版本

風太郎 さま
こあらま さま

いつもいろいろとお世話になっています。
今回「北辺の機関車たち」復刊本を取り上げて下さりありがとうございます。

さて「初版本」ですが、「昭和46年8月20日発行」がそれです。
蒸気機関車をイメージした黒箱入りで登場です。
3000部刷ったのですが、悲しいかな、多くが返本になりましたしました。
そして、どうもこの黒箱の材質の選択がまずかったのか、戻ってきたときには毛羽立ちが目立ちました。

そこで、返本を再発送するときに残念ながらどこにでもあるような白箱に変更した経緯がありました。

第二版は4年後、昭和50年発行です。この間にはオイルショックもあって物価が急激に上昇して、
初版発行の定価1500円では出せなくて、2500円にした経緯もあります。2000部刷っています。
値上げするならば、多少の高級感を出そうと、ハードカバーに変更しています。箱は白箱です。
初版本は並製ですが表紙の袖を折り込んだ洒落た作りになっています。今回もそれを再現しています。

今回の復刊は初版本の、それもオリジナルの黒箱を目指しました。
宣伝になってしまい恐縮ですが、初版オリジナルの体裁を持ちつつ、現代技術で蘇らせた「新・北辺の機関車たち」
にしたいと考えました。

価格も、何とか4000円(+税)に抑えました。
お手にとっていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。



[ 2017/05/30 22:11 ] [ 編集 ]

レアもの?


大木 茂さま

有難うございます。ミステリーの解明はご本人の証言しかないと思っておりました。
「一回返本された初版の再発送バージョン」なんですね。
ライカのルフトワッフェバージョンのようなレアものだったらさぞや高額で売却・・・とは冗談です。
新旧を大切に保管させていただきます。
復刊とはそういうものなのでしょうが、タイトルや本文のレトロなフォントなども再現されているのは嬉しいですね。
そういうところが微妙に時代を伝えます。

知られざるエピソードがまだまだありそうですね。またお話を聞かせて下さい。
[ 2017/05/30 23:19 ] [ 編集 ]

なるほど

初版本は箱の差し替えがあったんですか。当事者の方々だけが知る事情がよく解りました。
確かに、黒箱は曲者です。大切に扱ってきましたが、材質や加工の問題でしょうか、痛みが進んでいます。
不朽の名作と云えども、発売時には密かな窮状があり、ご苦労があったというのは興味深いお話です。
やはり、写真集を出すということは、それなりの覚悟が必要ということでしょうか。
大木さまのお話ですと、多くが返本ということですので、初版の黒箱がレアなのか、或いは白箱か。どっちでしょうね。
[ 2017/05/31 01:11 ] [ 編集 ]

鉄道写真とは?と考えさせる名著

風太郎さま
当方も、この機会はそう滅多にないと思い、購入致しました。
黒い紙函は珍しいと思っておりましたが、なるほど、そう言う訳ですか。
現役蒸機世代ではないので、当時の雰囲気は全く判らないのですが、
ダイナミックな蒸気機関車の力強さ共に、鉄道員の真摯な働く姿が印象に強く残ります。
この写真集を見ていると、今の鉄道の柔さ?を感じたりしてりして…
カメラについて素人の自分も、一目見ただけでも驚く程で、芸術作品として高レベルであるのは勿論のこと、
国鉄蒸気機関車の末期の勇姿を記録した貴重な資料でもありますね。
書庫に大切に保管したいと思います。
[ 2017/05/31 11:47 ] [ 編集 ]

「北辺」が拓いたもの


hmdさま

鉄道写真の歴史も形式写真に代表されるような記録一辺倒な時代があって、
これは日本人の特性なのかも知れませんが、個人の主張が前に出たような写真をあまり評価しない歴史が長く。
鉄道は車両そのものばかりでは無く、それが走る風土や暮らし、誠実な労働に励む鉄道員と共に在って、
それらを包括したワールドが本来あるはずなのですが、廣田尚敬さんのようなパイオニアを除き多くの人々は及び腰でもあり。

結局この本の著者の様な生業とは別のところに居る若者が地平を切り拓いたように思うのです。
ゆる鉄も悪くありませんが、最初からそれを見慣れた人にはこの写真集の冒険がなかなか分からない所もあるかもしれませんね。
今でこそ鉄道写真の表現ははるかに自由なものになりましたが、それはこの「北辺の機関車たち」の延長線上にあるように感じます。
半世紀はやはり長い長い時間です。そんな背景も知ればこの写真集が持つ意味への理解も深まるかと。

[ 2017/05/31 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1354-fb06639a