通り過ぎる夏

douhoku201208_199take1b.jpg

   宗谷本線  恩根内     2012年






レールは陽炎に揺らぎ夏草は光る。

北辺の短い夏が、風のように通り過ぎてゆく。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/08/12 19:54 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(6)

風太郎様

お写真拝見した瞬間思ったこと・・・・
「この写真が私の撮影した写真ならいいな」
100年早いですよね・・・・
前暈けの花がとても綺麗で線路の曲線が素敵で・・・・
走る列車が可愛くて・・・
私だけの宝物にしたい欲望で心が一杯です
まるで絵本の一ページみたいですね
でも本当は険しい土地を走っているのですよね
背後森林の中吸い込まれそうです
[ 2017/08/12 20:45 ] [ 編集 ]

北の夏


りらさま

北海道の大自然は獰猛な程で、野辺の花々もきれいというよりワイルドな野生のそれですね。
北の夏といっても日中は結構暑いです。でも陽が傾けば半袖ではぞくりとする冷気も忍び寄る訳で。
土地の空気を肌で感じれば、陽炎立つ真夏の日もどこか儚げに映るのです。

[ 2017/08/12 21:44 ] [ 編集 ]

国鉄の残党

風太郎さま

キハごーよん、211系電車などとともに国鉄デザインの最終組と言っていいでしょうか!?
この兄弟形式も、九州内からはほぼ全撤退状態ですね。
ごーよんにも、逢わず仕舞いになりそうな予感です。
陽炎が短い北海道の夏の刹那を感じさせてくれますし、
短尺レールもローカル線の勲章ですね。
[ 2017/08/12 22:51 ] [ 編集 ]

騙し騙し


狂電関人さま

財政難のJR北海道の事、騙し騙し使い続けるんじゃないですか。
老朽化は確かに進んでいるのでしょうし、代替車のアナウンスさえないのが空恐ろしい事でもありますが。
様々な北辺の鉄路でラストランナーとならない事を祈るばかりです。
[ 2017/08/12 23:46 ] [ 編集 ]

東の子会社

風太郎さま

基本的に東旅客会社の子会社ですから、
表には出てきてませんが、今回の八戸線などに導入予定車の
兄弟車を順次入れていくと聞いております。
車両の老朽化でまともに保守できずに大事故を招くほうが、
今の北海道社には命とりでしょうから。
[ 2017/08/13 09:26 ] [ 編集 ]

先祖返りではありますが


狂電関人さま

成程有難うございます。
かつて五能線や大畑線にはキハ22が走っていた位ですから「共通運用」も先祖返りと言えますな。
しかしそれにしてもカネがかかる筈、実質子会社というより資本をひとつにしなけりゃどの道行き詰るかと。
上場会社の東日本が超赤字会社の北海道を統合するなど株主が黙っちゃいないでしょうが、余程政策的なウルトラCでもあるのか。
国鉄分割民営化の愚策を今更ながら。
[ 2017/08/13 10:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1367-cf7e9b2d