流水夢幻

sensuidani1.jpg
   多摩川源流  泉水谷   2002年



1990年代以降、長い「鉄」休眠期に入った風太郎が夢中になったのは、

信濃川や多摩川といった「川筋」の風景。

レールと川。一本の流れを軸に風土と自然が繋がっているという意味では、

実は同じものを追っていたのかも知れないが。


多摩川、特にその最源流域は豊穣の森と峻険な谷に抱かれた幽境の地。

まだ身が軽かったから、か細い流れを辿って沢登りの真似事までやったもの。


今は一応充電時間としているが、「多摩源流」は風太郎のライフワークだ。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」





スポンサーサイト
[ 2012/01/16 21:45 ] 自然風景写真 | TB(0) | CM(2)

良い清流ですね。。

風太郎さま

私も、一時別の被写体に鞍替えすることを考えたものの、
磁石のように鐡に引き戻されてしまいました(爆)。
でも、古い建築物や山の写真(下から撮る)は、ちょくちょくやってます。
[ 2012/01/17 07:18 ] [ 編集 ]

いろいろ

いろいろ撮ってみるのもいいものです。
鉄とは違う視点やテクニックが必要ですから、
昔とはまた違う写真が撮れるような気がします。
[ 2012/01/17 22:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/138-b5822919