風を切る

isumi201707_16453久我原take1b3

   いすみ鉄道 久我原   2017年







鉄輪は軋み、熱い空気は切り裂かれる。

夏の盛りの一陣の風。









HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/07/22 10:19 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(6)

風太郎様

風を切る・・・・そのタイトルがいいですね
猛暑の続く日々・・・・爽やかさをありがとう
[ 2018/07/22 15:18 ] [ 編集 ]

窓からの風


りらさま

今朝帰って来ました。
東南アジアも暑いには暑いのですが、肌を突き刺すような東京の夏はまた異次元なものがあります。
窓の開かない車両の方が圧倒的に多くなった昨今ですが、
乾いたエアコンより開け放たれた窓からの涼風の方が余程心地良いものです。
ある意味贅沢な旅を堪能して来ました。
[ 2018/07/22 20:13 ] [ 編集 ]

おかえりなさいませ

こんばんは。

お疲れ様でした! 無事帰って来られたのですね。
異国の鉄道旅情は如何でしたか?色々な体験をされたのではないかと。
まぁ、それは写真でのお楽しみと云うところですかね。楽しみにしております。
因みにお師匠はまだ戻られてないのですよね。本当にパワフルです。

お写真、恰好イイですね! ボロキハが飛んでいる様です。
[ 2018/07/22 21:11 ] [ 編集 ]

怒涛の一週間でした


ーさんならぬいぬばしりさん?

お蔭様で無事に帰ってまいりました。
いまだ体が上下左右に振動しているようです。怒涛の一週間でした。
お師匠はこれからが本番でしょう。
散々汗を流せばビールの他無く、中ジョッキ一杯60円と来れば留まる事無く。
酔っ払ってるばかりでなく膨大な写真も残ったので整理の後、
ぼちぼちとミャンマー遠征編をスタートさせますよ。

流しは最近コツを掴んだのですが、こういう撮影法も日本だから可で、
上下動とローリング満載のミャンマー鉄道では無理だなあと思っています。
[ 2018/07/22 21:58 ] [ 編集 ]

申し訳ございません

PCを買い替えたら「-」になってしまいました。

そうですかぁ、ビール漬けだったのですね!
水あたりはしませんでしたか?
[ 2018/07/22 22:11 ] [ 編集 ]

気を付けました


いぬばしりさま

ミャンマーではビールは贅沢品で4~5杯飲めば1日の稼ぎが飛ぶそうですが、
2人でその3日分位飲むはバチ当たりでありましょうか。
それでも千円札一枚の値段ですから複雑です。

水と食べ物は気を付けました。衛生状態はもう、潔癖症の日本人なら気が狂うレベルですから。
ちゃんと封印された、中身が水道水でないミネラルウォーターとか、最低火の通った食べ物とか。
お蔭様でお腹は快調のまま過ごせました。
[ 2018/07/22 23:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1387-1ce96d49