旅のたまゆら   四十

choushi20120728_178take2b2.jpg

   銚子電鉄 外川   2012年







分かれ道は何処にあって、それは何処へと続いていたのだろう。

走り続ける人生のレール。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/04/04 20:30 ] 旅のたまゆら | TB(0) | CM(2)

風太郎様

線路に人生を重ね合わせていられますね
直線の交差が綺麗です
線路はかくも芸術的であったのだと・・・
お写真拝見させて頂き思いました
[ 2018/04/05 21:02 ] [ 編集 ]

レールに重ねて


りらさま

一本道を迷わず懸命に走る強さもあれば、別の道への逡巡もあり、
また後を振り返ってあそこが分かれ道だったかの感慨も。

鉄道に心惹かれるのは、レールが作る幾何学模様を意識無意識に自分の道のりに重ねているからではと思うのです。
[ 2018/04/05 22:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1400-645aa876