但馬・丹後をゆく  その4     鎧の入り江

tajima201708_17767鎧の集落1 take1b

   兵庫県 香美町 鎧集落   2017年8月





明るい夏空に誘われて海へ。


餘部の隣の集落、鎧は入り江に佇むささやかな漁港と集落がいい感じで、前から再訪してみたいと思っていた場所。

コバルトブルーの日本海という、この上ないロケーションに恵まれればテンションも上がりまくるというもの。

思えば雨続きの東京、此処で真夏の光に初めて出会った気がする。






tajima201708_17759 鎧漁港1 take1b







山陰本線と海の組み合わせは撮れなくはないけれど、クモの巣状の電線に阻まれる。

仕方なく中途半端な一枚ながら、これが今回唯一の「鉄」である。この辺りはまだヨンマルの天下なのね。







tajima201708_17776山陰本線 鎧1 take1b







平家の落人伝説も伝わる餘部界隈の事、「鎧」の地名も何やら訳ありと思っていたのだが、

近くにある「鎧の袖」と呼ばれる豪壮な柱状節理の海食崖から来たものらしい。


その土地で一番景色がいいのは墓場なりの格言に従い、墓地の坂を登り詰めれば。

家の数より墓石の数の方が多そうなのが気になるが、此の地に生を終えた魂達が、眠るような入り江を手を広げて護るかのようだ。







tajima201708_17771鎧漁港1 take1b




HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2017/08/30 21:16 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(6)

風太郎さま

おほほっ、鎧も行かれましたか。

駅から眺めた真っ青な入り江の海が今も眼に浮かびます。
交換設備があり、長い停車時間を利用していくつか写真を撮ってますが
下車したことはありませんねぇ。
[ 2017/08/30 21:43 ] [ 編集 ]

結構気に入っていて


狂電関人さま

城崎滞在中、ほんの数時間で見て来れると言ったら漁村と鉄橋位しかねーなー、と誘い込んでしまいました。
本当にただの漁村とツレは絶句していましたが、30年近く前に一度来ていて結構気に入った集落だったのです。
鉄は強引に山登りでもすればどうか知りませんがなかなか厳しいです。駅のホームからはなかなかいい眺めですよね。
この小さな集落しかない鎧に駅があって、駅が無い餘部から延々鉄橋・トンネル越えで此処まで歩いたというのが信じられません。

[ 2017/08/30 22:16 ] [ 編集 ]

風太郎様

一枚目の坂道を下ると二枚目の漁港に出るのですね
一枚目と二枚目の灯台は同じ灯台ですね
漁港とそれに関わる集落の様子がよく理解に及びます
三枚目
いいですね いいですね
やはり風太郎様の鉄様ぶりはいいですね
[ 2017/08/30 22:20 ] [ 編集 ]

海への細道


りらさま

漁村の家々は漁に都合がいい様に極力海の近くに固まっていますし、
山の上からの細道を下りて行くにつれ、質素な家々の間にちらちら海原が覗くのがいいのです。
そんな印象を写真の並びに託してみました。何処か子供の頃の田舎の夏休みに帰るようです。
山陰本線、ギリギリの構図故、レリーズの時にフレームがズレて右下の家が中途半端に切れたのが痛恨なのですが。
島根あたりまで行くと屋根も紅い石州瓦になるのですが、このあたりは黒い瓦ですね。様々な風土を繋ぐ長大ローカル線です。
[ 2017/08/30 22:38 ] [ 編集 ]

但馬・丹後をゆく

こんにちは。
鉄のない風太郎さんの写真も良いもんだと今シリーズを拝見していました。
『旅』の情緒が伝わってきましたから。
でも出ちゃいましたね、ヨンマルなのが裏街道山陰本線らしくて良いです。
[ 2017/08/31 17:11 ] [ 編集 ]

境目を作らず


lofthonsenさま

そうですねえ。鉄道を撮っているようで、実はそれを包む土地や風土を見ているのかも知れず、
「鉄道の写真」と「それ以外の写真」に境目を作っていないもので。
模型の世界も車両のみでは無味乾燥、それを包み囲むワールドがあってこそかと。
何かを表現するにイマジネーションは大きく拡げた方が楽しいですしね。
[ 2017/08/31 22:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1409-be4f57c7