風太郎のエピソード0 その3

ashiohanawa1.jpg
   足尾線  花輪   1979年




風太郎の鉄道写真事始め時代の写真、その3。

国鉄時代の足尾線、花輪駅。

小さな集落で無人駅ながら立派な木造駅舎が建っていた。

写真はホーム上の待合小屋。露出に無理があるが、向こうに近づいてくるキハを入れて、

多少「構図」を意識しました、というところ。

車両そのものより、駅に集う人を主役にしたあたりが、風太郎の「その後」に通じるところではある。

でもこの当時は寂れた駅にもお客が大勢居たんだね。村祭りを知らせるポスターも立派だ。

まだまだあった「ムラの活気」に想いをはせる1枚。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」





スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/151-c729ee7b