デコボコ列車

hayato19801.jpg
    只見線  早戸   1980年



早戸のお立ち台。手前の葉っぱはうるさく、川は濁ってろくでもない写真だが、

見どころはこの物凄いデコボコ編成か。

先頭からキハ20バス窓、キハ17、キハ23、キハ55、キハ20標準色 のようだ。

気動車好きなら悶絶しそうな列車が、当時の只見線は平気で走っていた。

秋の行楽シーズンということで、ありったけのキハをかき集めたのだろうか。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」






スポンサーサイト
[ 2012/03/02 21:02 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(2)

ごちゃ混ぜ編成

風太郎さま

九州の筑豊地区を中心にこんな編成ばかり走ってました。
混ざっている、10系気動車はオレンジ色の白熱灯で
夜薄暗いのと、非冷房なので夏場は窓全開で、
日除けがバタバタ鳴っていたのを思い出します。
[ 2012/03/04 11:09 ] [ 編集 ]

10系気動車

狂電関人 さま

風太郎の本格的な「鉄生活」は80年代以降なので
10系気動車は終焉真近で、ほとんど接することが
出来ませんでした。会津地方位かな。

確かに白熱灯が灯って、20系とは違う独特な雰囲気はよく覚えています。
[ 2012/03/04 22:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/152-2db325a8