アオハルかよ。 その7    花桃薫る

oigawa2018_27468take1b.jpg

    大井川鐡道 駿河徳山  2018年4月









花桃は桜花でさえ清楚に見える程、毒々しい彩りに周囲が威圧される感じなのだが、

明るく賑やかな季節の宴を演出するにこれ程の役者もあるまい。

無彩な鉄の肌さえ染めるようだ。


軽やかに華やかに。 遊べや、春。



( 会津山中を這い登る桜前線を追跡のため、しばらくお返事等出来ません。 さあ間に合うか。 )










oigawa2018_28066take1b.jpg

   川根温泉笹間渡






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/04/19 19:49 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

さくら

ふうたろさん

予定通りに会津ですか、、、

YOUR 会津 ONRY~(激爆)

しかし、大井川の桜、ちょっとやり過ぎ・・・??
[ 2018/04/20 10:52 ] [ 編集 ]

味付けが濃いですねえ


狂電関人さま

演出・非演出に関わらず大井川の桜は味付けが濃いですねえ。
ついつい撮らされてしまったというところで。
その点、只見線の桜は質実剛健というか、撮れるものなら撮ってみろと素っ気なく。
なかなかに手強く、渋い旨みの山菜風味?

ダジャレ何ぞ言ってる暇があったらUPしろと言いたい所ですが、そろそろ復活のようですね。
[ 2018/04/23 21:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1520-8113ccfd