C56 160

C56 七尾線26 1988年2月 16bitAdobeRGB原版 take1b

   七尾線 七尾   1988年








C56160号機本線上から引退の報せを聞いて。

ご承知の通り「現役」に間に合わず、「復活」を素直に受け入れられない風太郎が反応するのも珍しいが、

そうだあれがあったと思い立って。


1988年冬、七尾線を走った 「冬の北陸ときめき号」 である。

だいたいよお、重い重い蒸気機関車の質感と 「ときめき号」 なる軽ノリを重ねる神経が分からねえやと、

あくまでブー垂れているのを員数合わせか仲間に引き込まれて。


12系客車を牽いた 「走り」 は適当に流してやる気の無さ炸裂の写真が残っているが、

七尾機関区での折り返し運転前整備が始まれば一転、おんやあと。

今なら遠巻きにロープが張られ近づく事も叶わないのだろうが、この時はロッドが鼻先に来るまで寄れた。

撮る人間が圧倒的に少なかったのである。


燃える石炭と機械油の匂い。冷たい鉄の肌の質感。吐息のように流れるスチーム。

人間達のちょっとチープな脚色をよそに、その圧倒的な存在感は真実であったろう。

不肖風太郎、生まれて初めて生きてる蒸気機関車を真近に感じた瞬間でもあった。


第二の人生さえ幕を下ろそうとする蒸気機関車。

造られたものが必ず迎える滅びの時、そのごく自然な摂理を改めて噛みしめる。








C56 七尾線30 1988年2月 16bitAdobeRGB原版 take1b


七尾線C56 3 冬の北陸ときめき号 1988年2月 16bitAdobeRGB原版 take3b2








HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

美しい

お~。これが、まこべえさんに予告していたやつですね。これは素晴らしい。
蒸気はやはり足回りです。なかなかいい塩梅のコントラストで、鉄の質感がたまりません。
リターンクランクのC56160の不揃いの刻印が、何よりもこの罐の歴史を物語っています。
現役時代ならまだしも、この時代に接近戦ができたのは幸運でしたね。
ちょっと、ピカピカ過ぎるのが気になりますが、それはそれで、この罐の一時代なのでしょう。
ひょっとして、この写真、北辺のC55の影響を受けてませんか。
[ 2018/06/06 00:13 ] [ 編集 ]

この質感こそ、蒸気の魅力

鉄の塊である蒸気の質感を見事に表現していますね。実に素晴らしい。
とくに一枚目や二枚目の足回りは、現役の頃、機関区で好んで撮影した構図。蒸気はやはり足回りです。
ただ、こあらまさんもおっしゃているように、ちょっとピカピカすぎるのが、復活蒸気(といってもこのカマはずっと現役ですが)だなあと思わせるところですが、それもまた大切に磨かれてきた証拠。
その思いがあったからこそ、きょうまで活躍してこれたのでしょう。
先日、広島出張の折に梅小路を車窓から見たら、彼が遊園地の客車を牽いていました。
本線は走れなくなっても、まだまだ現役。子供たちの笑顔を乗せて、これからも元気に活躍してもらいたいものです。
[ 2018/06/06 00:34 ] [ 編集 ]

瓢箪からこま 棚からぼたもち


こあらまさま

やれやれ毛嫌いせずに行ってみるものです。
沿線には昔取った杵柄的な人達が大勢群れていたのですが、機関区内には疎らだったのも不思議な話で。
走行写真至上主義の様なものがあったんですかねえ。
この当時はもちろんJR化されていたのですが、人が少ない事もあるものの、旧国鉄的な鷹揚さが残っていたように思います。

フイルムは当時パナトミックXを超える粒状性と謳われていた「T-MAX100」を使っています。
ウソコケと思いつつ遊び半分で使ったのですが、仕上がりを見てその威力にはドッキリしました。
しかし鉄道の写真への意欲が急速に萎んでいた時代、これが最初で最後の使用になったのは残念です。

「北辺の・・」はこの時点で全く見ていない(見られない)状態だったので、パクリではありません。(キリッ!)
でも巨匠の視座に似ているのならそれも光栄な事で。


[ 2018/06/06 00:47 ] [ 編集 ]

meets locomotive


まこべえさま

有難うございます。

組写真を意識するなら様々な角度から撮ればいいものを、この斜め後方アングルばかりなのは苦笑ですが、
蒸気機関車のメカニカルな密度感が最も出る角度と思っています。そう思い込んだら一直線なのも風太郎の性でして。
まあ寄り絵から引き絵まで順番に撮っていたのが救いでしょうか。

ちょっと綺麗過ぎないか、というのは復活蒸気に萎える大きな要因なのですが、
少しでもアラ隠し出来る写材とモノクロームで隠蔽しようと思ったものの、やっぱり現役を知る諸先輩のお目は誤魔化せないようで。
まあその磨き込みが綺麗な反射を作って冷たい質感に繋がったと、これはケガの功名でしょうか。

これからは「やえもん」の如く陽だまりで昔話を語るのでしょう。


[ 2018/06/06 01:04 ] [ 編集 ]

C56ですから

C56160号機はC571号機と並んで、車籍から外れたことがない現役そのままの罐ですので、お召し機が磨き上げられているようなものと
考えてもよろしいかと存じます。

個人的には、斜め後方からの視点はむしろ大型機に似つかわしく、C56のポイントはランボードと第一動輪の間の隙間なんですが、
これは好き好きということで。
ロッドと動輪を接近して撮影するのは、昔も今も機会があればいつでも(どの機種でも)やりますので、風太郎さんも立派な撮り罐屋ですよ。

おりしも、ミスターC56塚本和也さんの訃報も聞こえてきました。(我々の世代ではかなり有名な方です)
160号機の本線引退を迎えて、アーカイブ画をアップいただき、ありがとうございました。
[ 2018/06/06 13:18 ] [ 編集 ]

おおっ!

こんばんは。

鉄と油の匂いがしそうなくらい臨場感に溢れておりますね。個人的には三枚目に写るボイラと華奢な足回りの対比が堪りませんです。

それにしてもどのお写真も見事なくらい硬質で、機械モノはこれくらいしっかり描写すると画としての迫力が増大しますね。

こうなったら、また風太郎さんの蒸気機関車拝見したいですね。真岡のC12辺りは如何ですか?早く行けば真岡の機関車整備も意外と近くで撮れますし。
[ 2018/06/06 19:51 ] [ 編集 ]

被写体への想い


マイオさま

「ランボードと第一動輪の間の隙間」が色っぽいとは、さすがに良く見ていらっしゃいますね。
大井川で正に桜バックの隙間抜きを狙うべく念入りにポジショニングして待ち構えたのですが、C10が来ちゃいまして。

現役か復活か、必然かショーかという「背景」を棚に上げて、蒸気機関車をひとつの造形物として抽象化した表現なら面白いかなとは思っています。
でもまあどんな写真でもそうですが、「背景」を含めた被写体への愛情や想い入れのある無しは明らかに差となって表れるもの、
風太郎が立ち入る分野では無かろうというのが本音です。




[ 2018/06/06 21:21 ] [ 編集 ]

蒸気機関車ワールド


いぬばしりさま

こういう写真は焼きやレタッチが命ですね。この写真は古いスキャンでシャドウが潰れ気味なのが気に入らないのですが、
ハイコントラストの質感もこの写真の場合ありかなと。その道の達人に見られればまだまだと言われそうですが。

真岡・・・・今風蒸気機関車はいぬばしりさんのワールドの方が余程上ですから遠慮しときますよ。
「誰も撮らない蒸気機関車写真」だからね、とプレッシャーを掛けておきます。
[ 2018/06/06 21:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1546-5505fe95