目に青葉 山ほととぎす また只見  その10   緑滴る

tadami201805_29332_00001take1b3.jpg

  只見線 大白川   2018年5月








緑滴る峠道をゆく。

鮮烈な彩りは今も瞼の裏に。









tadami201805_29137_00001大白川take1b

  大白川






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/06/29 23:43 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(4)

観光色

風太郎さま

またうまい具合に、色を隠しましたねぇ。

これは脱帽。

昨日はお疲れさまでした、喉お大事になさってください。
外房の宿、いつでもどうぞ!
[ 2018/06/30 09:32 ] [ 編集 ]

新緑ギラリ


狂電関人さま

昨夜のテンションは収まりましたでしょうか。

「新緑ギラリ」、まあ何度かチャレンジしてやっとというのが実情で、しつこい粘り+運ですな。
誠にいまいましいラッピングでありますが、通常塗装のストライプよりは絵柄の主張が穏やかでこういう絵には合ってたかなと。

風邪は今ひいて良かったです。
[ 2018/06/30 11:40 ] [ 編集 ]

メロメロ

こんばんは。

昨日は楽しい時間を頂き有難うございました。お風邪、早く治して下さいね。

それにしても凄い映り込みですね~。
意図はされたと思いますが、それでも凄いです。
一枚目のお写真も含め、こういう光具合に私はメロメロです(笑)
[ 2018/06/30 22:46 ] [ 編集 ]

逆光の悦楽


いぬばしりさま

すっかり時間を忘れてしまいましたね。
まあこうして送り出されたなら相応の結果を持ち帰らねばとテンションを上げていきますよ。

いやこの予測は本当に難しくて朝日夕日の比では無いです。
基本的に逆光狙いなのですが、線路際の光の回り具合や列車の角度に大きく左右されます。
次の日行ったら同じ列車同じ天気で結果が違う位で。(しつこい)

独りで撮っていると、「ここ逆光じゃないすかー」「そうですよー逆光好きなんでー」「????」
大勢のギャラリー、出来れば永遠にこの悦楽に気付いて欲しく無いものです。

[ 2018/06/30 23:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1552-aba477d5