暮色

toyama201511_6550_00001take1b2.jpg


  富山地方鉄道 岩峅寺   2015年








駅で迎える黄昏は、またひときわ旅心に沁みるものだ。









HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/07/28 22:27 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(4)

木造の重厚感

風太郎さま

地鉄で特出すべきは、大半の駅が木造であることですね。

その得も言われぬ造形美がたまりません!
[ 2018/07/29 08:33 ] [ 編集 ]

ケチも有難く


狂電関人さま

とにかくケチというか鉄道施設に徹底的に投資しないというのが地鉄のポリシーのようですが、
そのお蔭で文化財級の施設が残っているとなればケチも有難いものです。
この鉄道のノスタルジーは充分観光資源になると思いますし、
チープな演出など抜きで世にもっとプレゼンテーション出来ないのかと思うのですが。
[ 2018/07/29 10:00 ] [ 編集 ]

地鉄

こんばんは。

富山地方鉄道の施設は本当に文化財級ですよね。
この施設と、雪がリンクしたら敵なしですね!
まぁ、なかなかの距離なので「おいそれ」と行けませんが
じっくり腰を据えて訪れてみたい鉄道です。

お写真、昭和の写真かと思いましたよ!
[ 2018/07/29 21:37 ] [ 編集 ]

時を超えて


いぬばしりさま

数十年前と見紛うばかりと言うのが地鉄の凄さではありますね。
その頃はまあありがちという事で見向きもしなかったんですがねえ。
唯一現代に引き戻される「京阪」は引っ込んでもらいましたが。
いぬばしりさんは京阪好きでもありますし、是非「極み」の一枚をお願いしますよ。
[ 2018/07/29 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1556-bcfffbe5