窓の灯

_DSC4241b2.jpg
   釧網本線  南弟子屈   2012年2月



南弟子屈の駅は、北海道によくあるヨ(車掌車)を廃物利用した駅舎。

何か味気なくて風太郎の好みでない。

しかし、この時は窓に映る夕日が白熱電球の灯りに見えて。

ちょっとハートに響いたのだ。



_DSC4244b2 




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/08/01 21:01 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(2)

やっぱり風太郎さん!

風太郎さま

なかなか目の付けどころが違いますね!!

ヨのダルマが喜ぶ声が聞こえてきそうです。
[ 2012/08/02 07:22 ] [ 編集 ]

ヨのダルマ

狂電関人さま

「ヨのダルマ」の駅舎は北海道に無数にありますが、元は「鉄」ですから、

塗装など手入れが入らず、見るも無残な有様になっているところもあります。

このヨは結構きれいに手が入っていて、地元の愛着が感じられます。

乗降客もそれなりに多いのでしょうね。
[ 2012/08/02 23:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/156-9688cd49