ミンガラーバ!  その1   時を遡る旅

myanmar201807_30693_00001take1b.jpg

   ミャンマー連邦共和国  2018年7月






ミャンマーにやって来ました。


この国のどローカル線の凄さ、それをプロカメラマンの確かな腕で捉えた写真は未だほとんど無いはずで。

日頃お世話になっている、「北辺の機関車たち」「汽罐車」の大木茂さんからそういう写真を見せつけられては

いかに彼の地とはいえ諦める訳にもゆかず。

かといってミャンマー語はおろか英語すら怪しい風太郎がノコノコ行くにはハードル高すぎと思っていたのだが、

ミャンマーをひと月近く放浪中?の大木さんのアテンドが得られるという千載一遇の好機にエイと思い切った。


旧名ビルマは決して豊かな国では無い。むしろ東南アジアの最後進国のひとつとされる。

しかし混沌かつ旺盛な「生きる事」のエネルギーは、鉄道という庶民に許された極めて安価な乗り物の周囲に凝縮される。

それはおよそ写真でしか見た事の無い、まだ貧しかった頃の遠い日本の記憶でもあり。








myanmar201807_32171_00001.jpg


myanmar201807_31827_00001モンユワb


myanmar201807_32077_00001.jpg


myanmar201807_30808_00001マダヤ







「 May I take photo? 」 を ミャンマー語では 「ダッポウン ヤイッ ロォ ヤァマラー 」 と言うそうだが、

そんな舌を噛みそうな言葉を覚えなくとも、「ミンガラーバ! ( こんにちは! )」 と一言、

あとは世界共通語のスマイルだけで、少しはにかんだ笑顔が返って来る。


つましい暮らしはかえって人と人の間の壁を除くのか。

時にお節介でさえある、優しい人々の暮らす国。

遠い昔に消えてしまった鉄道の風景に出会える旅。







myanmar201807_32155_00001.jpg







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/07/30 20:05 ] 海外写真 | TB(0) | CM(10)

うむむ

始まりましたね、ミャンマー紀行!

のっけから混沌とした雰囲気十分なお写真の数々。
これは今の日本では絶対に撮れない画ですね。
これ本当にアルコール入って撮った写真なんですかぁ?
う~ん、あまりの凄さに少し嫉妬します((笑)

小生、これから「ながら」に乗ってドラゴンズの本拠地へ乗り込んで参ります。
[ 2018/07/30 20:57 ] [ 編集 ]

素朴な好奇心


いぬばしりさま

いろいろな意味で絶対に撮れなくなった写真ですね。
日本の40年前、50年前に帰ったような、というのは見た目の風物だけでは無く、
カメラを介した人と人の関係性にも及ぶようで。
オレを撮れと向こうから迫る子供や大人、カメラを持ったよそ者に対する警戒じゃなくてごく素朴な好奇心、
あの頃の日本の田舎もそうだった、としみじみ。
師匠は一杯60円のビールを昼間からグイグイですが、
風太郎は昼間から飲むと腰砕けになるので、酔拳ならぬ酔写は師匠にお任せしました。

名古屋はDD? お気を付けて。
[ 2018/07/30 21:59 ] [ 編集 ]

新「旅のたまゆら」のはじまり

日本では失われてしまった「旅のたまゆら」
それがミャンマーでふたたびよみがえるとは。
雪の蒲原とは、国も風土もまったく異なる南方の鉄道。
しかし、そこにはあのころと同じ、日々を生きるふつうの人々の姿がある。
原色あふれるアジア。生きることにたくましさがあるアジア。
それを風太郎さんがどう切り取ってこられたのか、このあとの写真がとても楽しみ。
[ 2018/07/31 02:33 ] [ 編集 ]

大木さん

大木さんは失われた風情を求めてミャンマーに浸っておられたとは。
一時期はタイの夜行列車でしたが。
日本での1960年代の人と人のつながりがそこにはあるということなのでしょうか。
蔵重さんも東南アジア訪問と流浪が大好きですが(鐵楽者展のおひとり)、風太郎さんも
はまってしまわれますかしら。

私のように、50年代から60年代の雑菌だらけの世界で成長すると、多少の雑菌とは共生できますが、
そういうのに拒絶反応を示す体質の方もいらっしゃるので、お気をつけて。
[ 2018/07/31 08:15 ] [ 編集 ]

ミャンマー紀行

風太郎さま

以前付き合いがあったプロカメラマンが
ミャンマーを撮っていて、その一部に鉄道がモチーフになってますが
やはり、そこに写る屈託のない笑顔はこの国から殆ど消え去ってしまった
素朴な幸せを噛みしめるようなものだと思いました。
自分さえ良ければよいオンリーmeの時代の日本、先行きとても心配です。
隣人と分かち合う幸せを取り戻すには、史上最低のメガロポリスを
ぶっ壊す勢いの改革が必要だと思えてなりません。
[ 2018/07/31 09:32 ] [ 編集 ]

その土地に生きる事


まこべえさま

ローカル線はその土地に生きる事そのものだから、というのが「たまゆら」のテーマであった訳ですが、
そんな場所に立った感動を再び味わえた気がします。
まあ何度も訪問を重ねた蒲原とかと異なり一度きりの一週間、
しかも様々な背景を持つ異国の地で何処までそれを理解し表現し得たか定かでありませんが、
貧しい事は不便ではあるが不幸では無いという、そこで感じた無言のメッセージが何処かで伝わる写真になったらと念じています。
[ 2018/07/31 22:14 ] [ 編集 ]

無菌室を出て


マイオさま

いやいや中国・ロシア、ユーラシア大陸全域に進出しておられますよ。

「雑菌」については無菌室に籠っているような日本人からすれば気が狂う様な環境であるのは事実です。
お腹が下ったのでは戦が出来ぬと生水生ものは慎重に遠ざけました。
物売りのパイナップルなんぞは旨そうだったのですが「止めとけ」とのご託宣もあって。

貧しさは助け合いを生み、大らかな周囲への赦しを育てるのでしょうか。
結構ハチャメチャでもある彼の国の日常に何処か心地良いものを感じたのも確かですから、
それを「はまる」というのでしょうか。



[ 2018/07/31 22:31 ] [ 編集 ]

解き放つ力


狂電関人さま

日本から助け合いの心や周囲への共感が消えてしまったとは思いませんが、
ルールやマナーという発明に酔い絶対の正義と振りまわす風潮、
安全安心というひとつの目的の為にはごく素朴な人と人との信頼関係すら否定するとか、
物事の極端な順位付けがそれを凌駕してしまっているような気がしますね。

旅には凝り固まった価値観を解き放つ力があると信じますし、
その感動をかたちで伝えるのもまた世のひと隅を照らす事になればと。
[ 2018/07/31 22:47 ] [ 編集 ]

すげー!

ミャンマーですか、すごいですねぇ。
機を同じくして私はひょんなことから台湾に行くことになりました。
昔、私鉄ローカル線を巡っていた仲間に連絡したら、私は熱海か箱根
辺りと思っていたのが、台湾になってしまいました。(笑)
1日だけ自由行動を勝ち取って、ナローか海南線の非電化列車を
撮ろうか迷っています。
台湾へは’77にシェイを求めて1度だけ行ったことがあるんですが、
その写真たちは行方不明中です。
風太郎さんならどちらを選びますか?風太郎さんなら非電化かな。
この後に続くミャンマー紀行、楽しみにしていますね。
季節柄ご自愛ください。
[ 2018/08/01 15:32 ] [ 編集 ]

それは楽しみですね


popomanさま

台湾ですか。それは楽しみですね。
シェイを撮ったというのも凄い。幾つの時よと聞きたくなりますが。
私も一度だけ台北界隈に行った事がありますが、やっぱり日本の原風景を見るようでしたね。
正直彼の地の鉄道の事はよく分かりません。ミャンマーだって人に背中を押されての事ですから。
でも百聞は一見にしかず。充分エンジョイして来て下さい。
[ 2018/08/01 20:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1565-d26023ac