ミンガラーバ!  その3   ヤンゴン環状線

myanmar201807_30136_00001ヤンゴン

  ヤンゴン中央駅





跨線橋はちゃんとあるけど無用の長物と化しているのはご覧の通り。

ミャンマー国鉄は1000mmゲージ。67mm狭いのはそう言われればそう見えるかな。





707px-Yangon_Circular_Railway.jpg



まずは肩慣らしにヤンゴン環状線。全線46km、「ヤンゴンの山手線」だ。

本家山手線は35kmを約1時間で一周するがこれは3時間もかかる。

全線複線ながら非電化、日本から来た40系気動車が主力だが、機関車牽引のオンボロ客車列車も残っている。

列車間隔は外回り内回り共1~2時間に一本位で既にもう立派なローカル線である。

特筆すべきは運賃で一周しても200チャット(約16円)というお値段だ。





myanmar201807_29853_00001bヤンゴン



国鉄色?! 「多治見=美濃太田行き」を撮ればまるで日本の様だね。

これには乗らず、我が列車は・・・。



myanmar201807_29869_00001ヤンゴン



5000km飛んでまた只見線に会うとは。行先表示は「試運転」ながらヨンマルでGO!



myanmar201807_29912_00001ヤンゴン環状線




ドアは走行中も気持ち良く「開放」である。屋根上の空調装置は取り外されている。

建築限界をクリア出来ないともメンテナンスが出来ないとも線路際の木に引っ掛かって壊れるからとも言われているが、

要は空調など必要を感じていないのだ。

車窓やドアからの風があれば他に何が要るや? まだお気に召さないなら貫通扉も開けるという奥の手もあるのだが、

雨季の今スコールに襲われたらさすがに悲惨だからか閉じられていた。




myanmar201807_29893_00001ヤンゴン環状線



当然生きてる線路である。 (環状線は全線複線)

しかし雨季の今、貴重な物干し時間に日当たりのいい線路上を使わずにいられるか。



myanmar201807_29902_00001.jpg


元々ロングシート車?もモケットの無い硬いベンチ状のシートに付け替えられている。その理由はそのうち分かる。  

30km程度の速度しか出ていないくせにローリング・ピッチングが凄く、ちゃんと掴まっていないと転倒する。



myanmar201807_29920_00001ヤンゴン環状線



踏切には律儀に警手が立つ。緑旗を持った裸のおじさんがそれ。コスパ云々は無用、究極のワークシェアが此処にある。



myanmar201807_29932b2.jpg



もう長閑過ぎるローカル線の風情



myanmar201807_29868_00001take1_00001ヤンゴン




現在ミャンマー国鉄に対して日本からの大掛かりな経済援助と技術協力が行われている。

特に重点路線となっているのがこの環状線。線路際に何処かで見たようなリレーボックスを認めれば日の丸付き。

最優先なのか信号系統は大分近代化されたようだ。近い将来、電化の話も聞く。

東南アジア最後の巨大市場とも言われ、凄まじいスピードの経済成長が予想されるミャンマー、

気が付いたら本当に山手線になっていたというのはあながち夢幻でもなさそうだ。


そうこうしているうちに沿線最大の線路上のカオス、「ダニンゴン」はもうすぐ。



HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/08/03 23:30 ] 海外写真 | TB(0) | CM(4)

-67mm

風太郎さま

その差は、どうしてるんでしょうか?
台車を履き替えてるわけではないし、輸出前に車軸を狭めた??
夜も寝られなくなるので、おせーて!!!
[ 2018/08/04 09:18 ] [ 編集 ]

内股


狂電関人さま

既存の車軸を加工したのか、新規に1000mmゲージの車軸に取り換えたのか分かりませんが、
改軌そのものは比較的容易な構造なのでは。
どんなに高い精度で加工してもグニャグニャなレールと路盤ではオーバースペックのようにも見えますが、
一応脱線もしないようですし。
しかしもともとゲージに対して車幅が広いニッポン車両、-67mmで余計内股振りが強調されて面白いですね。
[ 2018/08/04 10:36 ] [ 編集 ]

ご無沙汰してました

これはたまりませんなぁ。
行けば私もシャッターが止まらなくなりそうで...。

駅や線路周辺のこのおおらかさ。
ちょっとしたことで犯罪者扱いされそうな日本と比べると、別世界ですね。
(日本は行き過ぎている気がしてならないと思うのは私だけでしょうか...。)

[ 2018/08/05 08:26 ] [ 編集 ]

旅の意味


山岡山さま

特に日本の都市部は列車密度に列車速度、乗降客数がケタ違いな訳ですから一概に比較するのもナンセンスなのですが、
やむを得ぬルールならともかく、大して必要が無いものまでルール化厳罰化が秩序と自らをがんじがらめにした挙句、
その息苦しさにブチ切れる、何か社会の縮図を見る気がします。

富は無いけど大らかな寛容さがある社会を目の当たりにすれば幸せのありかについて考えさせられますね。
そんな価値観の変革を促すのも旅の意味でありましょう。

この夏の広島は大変な状況ですね。公私共にお忙しいと思いますがどうかご自愛を。




[ 2018/08/05 10:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1568-42bc2da9