ミンガラーバ!  その7   ダニンゴン④

myanmar201807_29994_00001take1bダニンゴン




ミャンマーでは6月位から雨季に入り10月位まで続く。

但し日本の梅雨のように一日中降り続くという事は無く、晴れ間さえ覗くなかで時折雷も伴うスコールに襲われる。

そういう雨季である。 傘は欠かせないがスコールに役に立つか否かはその時次第。




myanmar201807_30097_00001.jpg




辺りが暗くなりスコール雲がやって来た。 逃げ惑うのは列車ばかりでは無い。

叩きつける雨粒、みるみるレンズが曇る湿度。




myanmar201807_30107_00001take1_00001.jpg




客車にもともとガラス窓は無い。 建付けの悪い鎧戸を慌てて降ろす。薄暗い車内。

積み込まれた農産物の方が主役である。

床は極力広く、汚れるモケットなどは無用。これはヨンマルも例外で無い。

郷に入れば郷に従え、鉄道車両の数奇な第二の人生。





myanmar201807_30124_00001take1_00001.jpg


myanmar201807_30118_00001.jpg





汗と雨でゾンビ化した後は、さっぱりシャワーと共にコレでしょう。

庶民の激安居酒屋を探すのだが、ミャンマーでは贅沢品のビールを置く事自体がある程度の高級店というジレンマもあり、難航。

それでもジョッキ一杯800チャット(約64円)の店を見つければ、ここはもうビール天国だ。

ミャンマービールはスッキリとクセが無く、日本のピールと良く似ていて旨い。

回転寿司よろしく並んだジョッキを数えてお会計らしく、最後はテーブル一杯に並んでとんだお大尽だが、

それでも千円札一枚だから止められぬ。




rainbow20180809_32514b.jpg



HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/08/11 20:10 ] 海外写真 | TB(0) | CM(6)

「千ベロ」

千円でベロベロになるとかで話題の立ち飲み屋さんの話ですね。
でも、千円ではほろ酔いじゃないかな。
しかし、ミャンマーでは大丈夫、保証します。
小さめとは言え、中ジョッキを約15杯ですから、間違いなくベロベロ。

それは高い、というむきには…
360mlで1500チャット=120円という地ウイスキーがありますから
これの水割り、こちらはいかがでしょうか?
多分、500円までも行けないはずです。

酒飲みにも楽しいところですよ、皆さまも是非…
[ 2018/08/11 23:07 ] [ 編集 ]

ビール天国


大木 茂さま

日本での千円じゃさすがにベロとは。
大木さんなら食前酒にもならないんじゃないですか。
激安ウイスキーは悪酔いしそうでしたがビールは絶品でしたね。
またビールだけ飲みに行きたい位で。
ジョッキ一杯60円は当分ネタに出来そうです。
[ 2018/08/12 00:53 ] [ 編集 ]

ビア樽

風太郎さま

あんまり喉の渇きに乗じて煽ってると、

自慢のカメラ振り回して彼方此方歩き回れらくなってしまいますから、

ほどほどに・・・(笑)
[ 2018/08/12 09:12 ] [ 編集 ]

戦い済んで


狂電関人さま

一戦交えた後の水分補給は大事です! 
でもビール天国と飲み続けたら後は使い物になりませんから、そのままベッドに直行ですよ。
師匠は更にエンジンが掛かりますが。
[ 2018/08/12 10:56 ] [ 編集 ]

ビールは・・・

水分補給にはなりませんよ。利尿作用によって逆に水分は減少してしまいます。
なんて野暮は言わず。(でもほんとのことですぞ)
ホメイニ革命直後のテヘランを訪問したことがありますが、ビールはありましたね。
実は闇のウィスキーもある、とは言われましたが、収監されるのが怖くて手を出せず。
[ 2018/08/13 08:15 ] [ 編集 ]

笹の露ですよ。


マイオさま

もちろん水分補給は手放せないミネラルウォーターなのですが、
加えて「笹の露」をいただくという事ですよ。スコール後だけにちと露が多過ぎるようですが。
ガチなイスラム圏でビールですか。「政策あれば対策あり」はアラーが相手でも変わらないようですね。
世界ビール紀行の最安記録はまだ東側の色が濃かった時代のプラハだったのですが、
20年振り位に記録更新です。
[ 2018/08/13 20:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1572-b67a10fd