宇田郷

udago1.jpg
   山陰本線  宇田郷  1983年



宇田郷の駅から30分位、海辺の道をトボトボ行くと、コイツがどっかと聳えている。


すぐ足許まで日本海の波に洗われることから鉄橋にせず、コンクリートで作ったという。

当時あまり例が無かった工法で先人の苦労が偲ばれるが、理にかなった構造物は「用の美」

に通じる独特な美しさがあるものだ。

空を染める日本海の夕照。カラーで撮らなかったのは、枯れても幹線らしい雑客長編成を

しっかり止めたかったからだと思う。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト

宇田郷のコンクリート橋

風太郎さま

良いアングルですねぇ!

餘部も、当初コンクリート橋が考案されたようですが

経験が無いと上層部に反対されて従来の鉄橋になったようです。
[ 2012/03/02 07:30 ] [ 編集 ]

餘部も!

餘部もコンクリートの可能性があったとは初耳です。

反対した上層部に感謝した方が・・・笑
やっばり鉄橋の方が見栄えはしますよね。

餘部は百年の後、元のさやに納まったという事ですか・・・。

鉄道技術の歴史も興味が尽きないですね。
[ 2012/03/02 20:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/168-a48b2087