道東紀行 その14   根北峠を越える

_DSC0974.jpg
   根北峠  2012年2月



知床半島の根元、知床連山の端を横切る国道244号線の「根北峠」にさしかかる。

当初風太郎はこの峠道をナメてかかっていたのだが、美幌峠の10倍怖い事にすぐ気付く。

交通量が少なく、人跡薄い秘境の山道であり、道路は完全アイスバーン、急坂・急カーブ

多し。大いにびびりながらズルズル走る。後ろから次々追い越してくる地元車は結構なス

ピードで少しドリフトしながら走る。ドラテクにも感心するが事故も多いはずだわな、こりゃ。

途中「川北温泉」の看板を見つける。確か林道の奥に小さな湯小屋があるだけの、極めつけ

の秘湯のはず。ここにあったのかと、秘湯好きの風太郎は大いに心動くが林道は完全に雪に

埋まっており通行不能。これまた別の季節に来るとしよう。


そうこうしているうちに峠を抜け、斜里近くの平地まで来ると、神々しいばかりの知床連山が

ドーンと目の前に。運転の疲れも吹き飛ぶ。


shari1.jpg


ここで遂にアクシデントが起きた。山の写真を撮ろうと車を左に寄せたところ、グラッとひと

揺れした後、みるみる左に傾く。道路の端と思っていた所は路肩が雪に埋まっていただけで、

風太郎の車は路肩から半分ズリ落ちたのだ。呆然としているヒマは無いから、埋まったタイヤ

を掘り出して無謀な脱出作戦を始めようとしたところ、後ろに1台のランドクルーザーが停まり、

オッチャンが「あーこりゃダメだ。引っ張り出さなきゃ無理だもね。」と言いながら、もう牽引

ロープを準備している。ランクルの牽引力は素晴らしく、いともあっさり風太郎の車を引きずり

だしてしまった。


地獄に仏とはこの事だ。ランクルのオッチャンありがとう。風太郎は以前にも、音威子府で新雪

の吹き溜まりにタイヤが埋まり、往生していたところを地元村民に救出された事がある。北海道

の人は、困っている人には限りなく優しいのだ。皆開拓者の末裔だから、助け合いのスピリット

が体に流れているのだ、とも聞くが。

教訓1 北海道の除雪された道は、道路と路肩に積もった雪が同一平面。どこまでが道路か分か

    らないから絶対寄り過ぎないこと。これはスリップより怖いぞ。


とにかく優しいオッチャンのおかげで風太郎の旅はまだまだ続く。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/02/23 21:06 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

こんばんは(^^)/

わたし自身は飽きっぽい性格のせいで、
雪(景色)はもういいかな~、と春の写真が撮りたくてうずうずしていますが、
風太郎さんのとってもステキな雪の北海道風景と文章、
いつも楽しみに拝見しています。

親切なおっちゃんに助けていただけて良かったですね。
もし、そこで誰も通らず立ち往生、そして吹雪が・・・
な~んてことになってたら・・・
想像するだけでコワイ(;^_^A

3年ほど前(まだ鉄道写真に目覚める前)、雪景色を撮ろうと、
除雪した道路のふちへ足を踏み入れたとたん、
氷のような水が流れる側溝へはまってしまいました。
近所にあったスーパーで着替え用の靴と靴下とズボンを買い求め、
凍えなくてすみましたが、事情を知った店員のおばちゃんに、
もう溝にハマったらあかんよ
と笑われてしまいました(^^;

風太郎さんのおっしゃるとおり、雪解けの道路は油断してはいけませんね(笑)
[ 2012/02/24 01:07 ] [ 編集 ]

私も、、、

風太郎さま

私も、カミさんと春スキーに向かう際上越で
ほぼ1回転したことがあります。
圧雪、アイスバーンは特に気を付けたいですね!
[ 2012/02/24 07:22 ] [ 編集 ]

アクシデント

rrrazurrr さま

こんばんは。

冬の北海道と車は、地元でもキビシイ関係にある
ようで、地元車でも結構「脱出セット」は常備しています。
確かに熊が出そうな所だったらビビツたと思いますが、
平地の幹線道路沿いなので、誰か救出してくれるだろー、と
妙に楽観的な自分が・・・。で、実際助けてくれるのが
北海道なのです。

北海道話も長く続きましたがそろそろ終わりです。
雪の無い話題に変えようと思っています。(^_^;)
[ 2012/02/24 22:15 ] [ 編集 ]

雪道

狂電関人さま

私は1回転したことはありません!

しかし振り返ればヤバイ話は幾度となく。

でもその度に助けてくれる人はいるものです。

後になれば良い思い出ですね。
[ 2012/02/24 22:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/173-1b4bcf46