道東紀行 その16   北浜

kitahama1.jpg
   釧網本線  北浜  2012年2月



釧網本線は、網走を出ると止別あたりまでオホーツクの海岸沿いを辿る。

北浜駅周辺は最も海に近づく場所で、「オホーツクに一番近い駅」が看板である。

風太郎が30年前に訪れた時は、ひとり駅を守っていた駅長に親切にしてもらった

が、今は無人化され、「停車場」という名の小さな喫茶店が併設されている。

まあ中身がどうであれ、波打ち際に佇む小さな木造駅舎の雰囲気が保たれている

のは良しとしなければ。


_DSC1025.jpg
    北浜駅


この駅はまた、「流氷の駅」でもある。ホームのすぐ目の前まで流氷が押し寄せた

様は壮観で、今回も網走沖まで流氷迫る、の報にちょっと期待していたのだが風向

きもあるのか水平線が白くなっているのが見える程度で、海を入れた構図は諦める。

定番化している「涛沸湖の鉄橋」もありきたりだし、あたりをうろうろ探した後、

浜小清水側の線路際に立つと、荒涼とした雪原が広がっていていい感じなのと知床

連山がくっきり見えるのが良かったので、望遠で引っ張って撮ることにする。

日は傾いて淡いピンクに染まった知床連山をバックに、これも夕日を映したキハ40

を捉えることが出来た。


ここから空港まで30分かからないが、17時位までが限度だろう。日が沈むにつれ

て海風が身に沁みてくるが、最後の上下2本をここで迎えることにする。


いよいよラストショット。


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト
[ 2012/02/25 21:14 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(2)

釧網線暮色

風太郎さま

1枚目の光線が何とも言えません!!
数年前に訪れた北浜でこんなカットが撮りたかったな。
団体旅行で単独犯できず・・・。(爆)
[ 2012/02/25 22:07 ] [ 編集 ]

北浜

狂電関人さま

北浜は流氷は無いわ、線路際に目障りなモノは
多いはでちょっとがっくりしたのですが、知床連山が
これほどキレイに見えるとは新発見でした。

光線の具合もあったのでしょうが、荒涼とした浜辺
も風太郎好みで、また行きたくなります。(^_^;)
[ 2012/02/25 23:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/175-afc59480