稲穂の波 流るる雲  その8    秋雨前線

tadami201909_00558take1b.jpg

  只見線 会津川口  2019年9月







押し上げられた秋雨前線が空を泣かせる。

雨雲とも川霧ともつかぬ白い流れが時折里の家並みをかき消してしまう。

ゆっくり開ける視界は響く轍が振り払ったかのように。







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/10/16 20:08 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(2)

タイムスリップ

いいですね、30年くらいタイムスリップした感のある農村風景。
漆喰壁民家、右奥にはかつてのわらぶき屋根も。
ソーラーパネルが見えないのがまたよろしです。
[ 2019/10/16 23:09 ] [ 編集 ]

模型のような


lofthonsenさま

何というか様々なアイテムがきれいに配置された、まるで「模型のような」風景というのもあるものです。
いやこれだって人の手が作り上げた風景、模型と同根とも言えましょうか。

「皆貧乏だからこの風景が残ったんだよ」とは地元民の弁ですが、
これを求めて台湾辺りからも大挙して「鉄」が押し寄せているそうですから、失ってはならない財産でしょう。
空き家も目立つ中、都会人に格安で貸す事業も進んでいるようです。知恵が求められますね。
[ 2019/10/17 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1800-c1be458a