新得の夜

shintoku1.jpg
   根室本線  新得   1984年



当時、宿泊費の節約のため夜行列車で同一区間を往復して一夜を明かすという、考えただけ

でも疲れるような旅を若さに任せてしていた。根室本線の「まりも」は深夜2時半位に新得

で交換したので、そこで下車し、逆方向に乗リ替えて翌朝再び釧路に戻る算段。


新得は道内でも最も気温が下がる駅のひとつだから、デッキからホームに降りると刺すような

寒気に眠気も吹っ飛ぶ。それでも風太郎はタダでは起きないから、長い停車時間を利用して三

脚を据え、バルブを開いた。


放射冷却の夜、-30℃を下回る気温だったろうと思う。構内は鉄道の要衝らしく信号が鮮や

かに灯り、水銀灯を受けてダイヤモンドダストがきらめく。DD51のアイドリングと共に、

空中の水分が凍る音が聞こえて来るような深夜の新得が、今も目に浮かぶ。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト

夜行折り返し

風太郎さま

夜行折り返しもさることながら、DD51はノーズから
キャブを舐めるこのアングルがとてもカッコいいと思う
構図だと確信しています。どれも懐かしさいっぱい。
[ 2012/03/06 07:12 ] [ 編集 ]

DD51

狂電関人さま

>ノーズから キャブを舐めるこのアングル

うん、そうですね。
寒地型の旋回窓の付いたキャブのメカっぽさ、
センターキャブ独特のエンジン部の重量感が好きなので、
風太郎もこのアングルはお気に入りです。

スチームの流れがどう写るのか、
現像上がりまで分からないのが、銀塩の辛さ、そして楽しみでもありました。
[ 2012/03/07 00:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/183-63557725