最果て鈍行

sohya13.jpg
   宗谷本線  兜沼   1981年


旭川~稚内間を延々8時間近くかけて走る宗谷本線321列車は、上りの324列車と共に「最果て鈍行」

と呼ばれていた。特に幌延以北は、漠々たるサロベツ原野の只中を行くから、「さいはて」の名がいよ

いよ似つかわしかった。

編成は、SL時代から変わらぬ座席車2両に荷物車1両、郵便車1両。この頃、鈍行列車は人だけでなく、

生活物資から便りまで詰め込んで最果ての地に届け続けたのだ。


午後6時を回り、さしもの夏の日も傾いた頃、牧場の彼方を夕日を受けて通過する321列車。

この頃、「広角レンズ」なるものを手に入れたが使い方が分からず、やたら散漫な構図の写真を量産

していて後悔しきりなのだが、これももう少し撮りようが、とも思う1枚。

でもこの写真を見てミレーの「晩鐘」を思った、という人がいて、ライティングからの連想かも知れ

ないが、少し救われた気がしたもの。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト

確かに・・・

風太郎さま

私も、実は望遠よりも先に広角レンズを買ったけど
いざ使うとなると、列車は形が歪むわ構図が難しいわで
暫く持て余していたのを思い出しました。
引き算といわれる写真の世界で足し算的に画角に
モノが飛び込んでくる広角レンズはその使用に
体力を必要とする??!(笑)
[ 2012/03/18 21:56 ] [ 編集 ]

広角レンズ

狂電関人さま

広角レンズは確かに足し算式のレンズで、最初は
「いろいろ沢山写る」事に喜んでしまう訳で。

初めての北海道→大風景→広角レンズという単純
思考で臨んだ結果はむむむ。というところ。

風景のスケールに気合負けしましたな。
[ 2012/03/18 22:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/186-a20bee9e