バケペン

bakepen2.jpg



「PENTAX67」

カメラのお化けみたいだから通称バケペン。


機動力を持ったラージフォーマットとしては限界点に近い67判の画質が欲しかったという実用面も

さることながら、いっぺんでいいからオーナーになってみたかった、という結構ミーハーな動機もあった

ように思う。周囲を威圧するような金属の塊。軽い90mm標準レンズを付けても総重量2.5kg、

もはやバーベル。ちなみに以前、四十肩を患った風太郎が、医者に肩の筋力トレーニングを勧められ、

本当にこのカメラをバーベル代わりに使った事がある。

持つ者に相当な覚悟を要求する。巷に溢れる「女子カメラ」と対極をなす究極の「漢カメラ」と言えよう。


このカメラの使い手としては白川義員も憧れたが、天才アラーキーが街から裸まで手持ちでバシバシ

撮っていたのも格好良かった。

 
脇に付いたグリップ、握り部分が天然木の削り出しで何とも格好良く、このカメラのスパルタンをより

強調している。実用的には邪魔臭いのだが、やせ我慢で装着している。


シャッターを切ると、パッコーンと凄まじい音が響くが、これが「撮ったあ」という実感があっていいのだ。

全体の重量でショックを吸収してしまうのか、音で驚く割にはブレないカメラだった。

ハッセルやローライ等、「舶来カメラ」がサイコロ型のボディにまとまっているのに対し、フィールドカメラ

として特化したコンセプトによってこのフォルムを生み出した、40年以上前の日本人のオリジナリティは

素晴らしいと思う。世界に誇る日本の銘機。


葉っぱの一枚一枚まで分かれて見えるシャープネスは67判ならでは、人間の目玉の解像力を超えた時の

「写真の凄み」を味わえる。しかし総合力で645判の機動力に敵う術もなく、いつしかタンスの肥やしにな

って久しい。その645でさえ昨今休車状態なのだから、「終わった」感もあるところ。でも中判ポジフィル

ムの実力はまだまだデジタルの追従を許さないところがあるし、骨董品としてしまうには余りに惜しい。


この春夏あたり、期限切れ迫るブローニーRVPと共にどこかの線路際に持ち出し、久々に「パッコーン」を聞

いてみようかと思っているところ。



kosuge671.jpg
     多摩源流   山梨県 小菅村    PENTAX67     SMC PENTAX67 165mm F2.8






「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト
[ 2012/06/03 20:31 ] 写真道具 | TB(0) | CM(4)

中判はいいですよね!

僕もバケペンじゃないけど、MAMIYA RZ67を使ってます。でも先日の人吉で久々に使うと、シャッターがちゃんと作動していませんでした・・・
オーバーホールに5万円程掛かるみたいで、ちょっと躊躇しています。
[ 2012/06/03 20:58 ] [ 編集 ]

Re: 中判はいいですよね!

mackさま

デジタルの横着さも一度ハマると抜けられませんが、中判のあのガシガシとした操作感は時々恋しくなりますね。

RZ67、最近超格安で買いました。ジャンクですが・・。でもちゃんと動いてますよ。

銀塩の名機が軒並み投げ売りされているので、昔から気になっていたモノはつい衝動買いしてしまいます。

でもおっしゃる通り、壊れたら高くつきますね。バクチですなあ。

> 僕もバケペンじゃないけど、MAMIYA RZ67を使ってます。でも先日の人吉で久々に使うと、シャッターがちゃんと作動していませんでした・・・
> オーバーホールに5万円程掛かるみたいで、ちょっと躊躇しています。
[ 2012/06/03 21:34 ] [ 編集 ]

おおっ!

おっ、バケペンですね!

私も同じのを持っています。
ミラーUPのTTLのヤツですよね。

20~30代の頃は、これに400mm
を噛ませて「バッコン」やってました(笑)

被写界深度が狭く、またフイルムの浮きで
ピントには結構悩まされた記憶があります。

でも決まった時の快感は、デジでは味わえませんですよね!

私も久しぶりに気合いを入れて「漢カメラ」してみます。
[ 2012/06/03 22:51 ] [ 編集 ]

バケペン

いぬばしり 様

こんばんは。

400mmって、あの巨大なヤツですよね。それはご苦労様です。私は300mmで音を上げていました。

もっともこのカメラを中古で入手したのは20世紀も末頃で、その頃鉄分は全くなく、

鉄道に向けた事は一度もありません。

もっぱらネイチャー撮影でしたので、正確に言うと「バッコン」の前に

「パコッ」とミラーUPの儀式がありました。

そんな具合ですが、初めて鉄道に向けてみようか、という事で。
[ 2012/06/03 23:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/188-49e1d25b