風太郎の 「エピソード0」 その1

aizukawaguchi1.jpg
只見線  会津川口  1979年


風太郎の本格的なローカル線巡りの旅と撮影が始まったのは1980年以降だが、その1~2年前から

ポツリポツリと鉄道にカメラを向けていた。しかしその当時は家にあったクラシックカメラだの、

果ては借り物カメラまで持ち出して撮っていた位だから、出来た写真はお粗末限りなし。当時から

渋いローカル線に憧れていた事は伺え、ありきたりな列車写真に一石投じる意気はあったようだが、

共通項は「何を撮りたかったのか分からない」。


まあ古いだけが取り得だが、「エピソード0」として何回かに分けて並べてみる。


最初は1979年夏の只見線、会津川口。交換の合間に撮ったらしい。この当時はまだまだ気動車標

準色が残っていましたな、というだけの写真。

真ん中に立っている、この当時でも珍しい「チューリップハット」のお兄さんに味がある。

2枚目も同駅での解結作業。ここで後ろ半分を切り離して小出に戻していたのかもしれない。

キハ20とキハ55の取り合わせと思うが、この当時の只見線のデコボコ編成ぶりは凄かった。

バックの川の緑色と気動車カラーの取り合わせに美的なものを感じたのかな。

「標準色」と「急行色」の微妙なクリームの違いなど、模型の参考にはなるな。


aizukawaguchi2.jpg


これらの写真は夏休みを使った初めての一人旅の途中。

カメラは友人を拝み倒して借りた、オリンパスOM1+標準レンズのみ。


「鉄」や「写真」がどうこうより、狂おしいほど「旅に出ること」に憧れていた頃。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト
[ 2012/03/20 16:13 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(2)

只見線/会津線へは、もうちょっと前の時代、71年とか72年頃良く行きました。C11の時代です。
このホーム、懐かしいです。
週末に、発売されたばかりのミニ周遊券を買って、
上野24時近くの夜行<ばんだい>に乗り、朝早くに会津若松と言うパターンでした。
泊まりは、郡山のホームにあった待合所です。ストーブも燃えてて暖かかったな。
郡山-会津若松間の旧客の中でも爆睡しました。
一度、爆睡し過ぎて、若松から乗ったはずが郡山で折り返して若松に戻ってしまい、
その夜は、若松駅前の電話ボックスで寝ましたね、仕方なく。

日曜から一週間、久しぶり北海道へ遠征して参ります。
[ 2012/03/22 03:11 ] [ 編集 ]

懐かしの会津

Wonder+Graphicsさま

こんばんは。

「福島・会津若松ミニ周遊券」ですね。懐かしい。

只見線・会津線に渋い日中線まで周れて、値段も安く、
貧乏学生には有難い周遊券でした。

C11の時代から通われているとは羨ましい限り。

郡山駅ホームの待合室は終夜解放されていて、私もよく泊まりました。
夜中に発車する貨物列車の轟音に飛び起きたのも、
今となっては懐かしい思い出です。

北海道、最新作を期待しております。
[ 2012/03/22 21:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/190-f9ea9048