ホロベツ殖民軌道 その9  晩鐘

horobetsu2_00044take1b.jpg






この小さな世界にも夕暮れがやって来た。

影は長く伸びて色温度の低い光線に日々のなりわいが染まってゆく。






horobetsu2_00035take1b.jpg


horobetsu2_00019take1b.jpg





ミレーの「晩鐘」の色彩感に憧れる。

それはなかなか実景では見られないけれど、北海道は地平線まで障害物が無く、

紅い太陽がギリギリまで残る関係で印象的な光線と出会う事が多い。

白熱電球のスポットライトであの光を。





horobetsu2_00049take1b.jpg


horobetsu2_00038ake1b.jpg






模型の中は妄想ゆえに永遠であり、今日があれば明日も来る。

尽きぬイマジネーションには終わりも完成も無く。



いつの間にか窓の外には都会の灯りが瞬いて、どうやら春の夢うつつから目覚めたようです。



( ホロベツ殖民軌道 おわり )






horobetsu2_00047take1b.jpg








HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/05/20 20:52 ] 怪しい模型のお部屋 | TB(0) | CM(2)

ホロベツ殖民軌道楽しませていただきました

風太郎さま こんばんは
ホロベツ殖民軌道楽しませていただきました。ありがとうございます。
よく当時の鉄道情景を再現されています。C12のスノウプロウを上下させるシリンダーが付いたC12は手宮で3両撮影しました。懐かしく思います。
何故入れ替え用のC12にあんな奇妙なものを取り付けたのか不思議です。
あたしもモデラーのはしくれとして刺激を受けました、そのうち箪笥のこやしの12㎜ゲージなど引っ張り出してみます。
意外と楽しめるのが、安価なバックマンのOn30、1/48スケールで外国型ですが普段楽しんで遊んでいます。
なんといっても価格が魅力的ですね、金属製蒸機がわずか3万円前後で無国籍風に改造して遊べます。天賞堂やモデルスイモンの1/10の価格です。
多少下手くそでも投資価格が低いので思い切っていじれます。
それではまた
[ 2020/05/21 20:53 ] [ 編集 ]

時間が経ってみると


高野 陽一 さま

超絶のゴッドハンドモデラーでも「鉄道模型趣味」の表紙にでもなろうものならあの超拡大撮影に晒される訳で、
アラが写っていないか片目瞑って見るようだ、という話を聞いた事があります。
そう言う意味では究極の巣籠り企画とはいえアラだらけの模型に長々お付き合いいただいて有り難うございます。
完成に近づく程飽きて来るのが模型の不憫なところですが、こうして時間が経ってみると新鮮だったりします。
ボチボチ「エピソード2」でも作りますかねえ。

Oナローは興味あります。オレンジカンパニーの井笠がいつ作るとも知れず眠っていますが、
あのスケールでセクションまでとなると究極の作り込みが必要で、畏れ多くて手が出せません。
リタイア後の楽しみになるようですねえ。
[ 2020/05/21 22:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1920-cfb7fab4