ムラの駅

oda1.jpg
   筑波鉄道  常陸小田  1982年



この写真が撮られた頃、ローカル私鉄の存亡の危機は既に叫ばれていて、現実にこの数年後には多くの

鉄道が鬼籍に入ることになった。


しかしどんなに寂れた駅でも列車の近づく時間になれば、どこからともなく人影が現れて、しばしの賑わい

があったもの。鉄道に用の無い人も含めて、駅は地元のコミュニティセンターだった。鉄道や駅がムラの

シンボルとして人々の心に留まっていた最後の時代だったのかも知れない。


最近でも頑張っているローカル線はあるものの、「人の気配」の薄さは隠しようがなく、寂しい。



5月の長く眠たげな一日が暮れようとする、筑波鉄道の小駅。

放課後少年のワイシャツを透かして、春の夕日がそっと忍び込む。





「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」












スポンサーサイト

うーーーん

風太郎さま

筑波は、晩年面白い車両が居なかったので、
とうとう行かずじまいでした。
[ 2012/03/24 16:49 ] [ 編集 ]

私も

狂電関人さま

私も大して行っていませんよ。2回位です。

確かに鹿島に比べると車両が地味でしたね。

沿線風景もいまいちメリハリがなく。

でも渋い駅が多かったように記憶しています。

今在ったら大騒ぎでしょうね。
[ 2012/03/24 18:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/193-c51ad010